1. 『スネギリョフ』 『カラマーゾフの兄弟』のテーマは『親を赦せるか?』である。 元二等大尉のスネギリョフは、ドミートリーの振り出した手形を フョードルの代理人としてグルーシェニカに、持ち込んだことで、 ドミートリーの恨…

  2. 2016.1.23に行ったヘミングウェイの『老人と海』の読書会のもようです。 この老人の自尊心と人間の尊厳の関係をお話しました。 Amazon.co.jp ウィジェット 役に立ったらにポチッとご協力お願い…

  3. 2016.1.16に行った森絵都さんの『この女』の読書会のもようです。 冷戦が終わって日本の社会状況が変化するきっかけとなった1993年。 釜ヶ崎の再開発をテーマに、様々な人生が描かれた小説です。 Ama…

  4. 『イワンと大審問官』 イワンは、人間の再生を真剣に考えている恐ろしい思想家だ。 『あらゆる地上の国家がゆくゆくは全面的に教会に変るべきであり、 それも教会と相容れぬ目的をすでにことごとく排除したあと、 教会になるほかないのです。…

  5. 『イワンと自己欺瞞』 イワンは幼児虐待を赦せない。 罪もない子どもが、なぶり殺される世界を認められない。 神が創造した世界になぜ幼児虐待があるのか? イワンは怒っている。 …

  6. ゾシマは『神の国』は近いと信じている。 世界中の人間の犯した罪のためにゾシマは跪拝する。 『真理とは虚偽との尺度である』 とキルケゴールは言ったが、 人間も誰しも、自己欺瞞を抱えて生きている。 …

  7. 夏目漱石の『彼岸過迄』読書会のもようです。 役に立ったらにポチッとご協力お願いします!! メルマガで限定音声配信中 個別講座のご案内 読書会を主催したい方へ Facebookペー…

  8. 2015.12.26に行った ジェーン・オースティン『高慢と偏見』読書会のもようです。 5人姉妹の婚活を描いた小説です。 イギリス人のユーモアセンスのキラリと光る幸福な物語です 日本で映画化するなら …

  9. 『自己欺瞞の怪物 フョードル』 フョードルは、自己欺瞞の怪物である。 でたらめな言動で周囲を自分のペースに巻き込むのが得意だ。 彼は2度の結婚をして一財産築いた。 情欲の怪物でもあり、自宅に水商売…

  10. ゆとり教育の弊害が叫ばれていますが、 ゆとり教育は理念としてはすばらしいと思います。 ただ、ゆとりを教える教職員の実力不足で失敗しただけで それは、やっぱり文科省の予算不足が、教職員の実力不足だった …

  11. チャールズ・ディケンズの『クリスマス・キャロル』読書会を 行いました。 スクルージというケチで強欲なじいさんが 皆でクリスマスを祝うことの意味を学ぶという お伽話です。 …

  12. メルマガ読者さんに『フランス革命を学ぶ』という音声コンテンツを販売しています。 欧米の海外文学を読んでいくうえで、歴史とキリスト教の理解は欠かせません。 より、読書を楽しんでいただくために私の方で フランス革命の歴史につい…

  13. (写真提供 メルマガ読者 Hさま) 2016年2月、3月の読書会の予定をお知らせします。 当読書会は、20代から70代まで、幅広い年齢層の方にご参加いただいています。 参加メンバーは…

  14. 2015.12.12に行った夏目漱石の『三四郎』の読書会のもようです。 (以下、旧告知文) こんにちは、宮澤です。 (自己紹介はこちら) 夏目漱石の『三…

  15. こんにちは、信州読書会の宮澤です。 先日、村上春樹さんの『ノルウェイの森』の読書会を行いました。 この作品を再読して、私が疑問に思ったことがいくつかあります。 この作品には、謎が隠されています。 その謎を、ハルキスト…

  16. 2015.12.5に行った三島由紀夫の『宴のあと』読書会のもようです。 (以下、旧告知文) こんにちは、宮澤です。 (自己紹介はこちら) 三島由紀夫の『宴のあと』を精読する読書会 を開催しま…

  17. 2015.11.28に行ったウィリアム・フォークナー『八月の光』読書会のもようです (以下 旧告知文) こんにちは、宮澤です。 (自己紹介はこちら) ウィリアム・フォークナーの『八月の光』を精読する読書会…

  18. 2015.11.21におこなった 村上春樹さんの『ノルウェイの森』の読書会のもようです。 レイコが信用できる人物かどうかについて討論しました。 (以下旧告知文) …

  19. 2015.11.7に行った ベルンハルト・シュリンクの『朗読者』読書会のもようです。 役に立ったらにポチッとご協力お願いします!! 個別講座のご案内 メルマガ講座 読書会を主催したい方へ …

  20. 2015.11.14に行った島尾敏雄の『死の棘』読書会のもようです。 (以下旧告知文) こんにちは、宮澤です。 (自己紹介はこちら) 島尾敏雄の『死の棘』を精読する読書会 を開催します。 &n…

RETURN TOP

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ