1. ベーシック・インカム(BI)というのがある。 政府が国民に、最低限の生活費を支給するという政策だそうだ。 社会保障の一元化と公平化として、話題になっている。 貧困がなくなるとか、ブラ…

  2. 先日、選挙があった。投票率は53.68%。 戦後二番目の投票率の低さであった。 ジャン=ジャック・ルソー(1712-1778)という思想家が、 人民主権論を説いた『社会契約論』で次のように書いている。 …

    • 寡婦のレプタと民主政治 はコメントを受け付けていません。
  3. 哲学者の任務は政治の目標を確立する点にあり、 あらかじめ(思想の上で)その目標に到達していなければ、 この任務を果たすことはできない。 ……政治家の義務は、哲学者の提言を地上の条件に適応する点にある。 …

    • 立憲主義とは何か? 政治家の仕事は煙突を建てること はコメントを受け付けていません。
  4. (引用はじめ) 日本の政治で一番問題なのは野党がないことだ。 社会党は野党ではない。 労働組合だ。 かつては社会党も政権を取ろうとした時期があった。 しかし、今では政権を取れるだけの…

  5. (引用はじめ) 最近になって、「良心」の重要性は失われてきた。 個人の生活において力をふるっているのは、いまや外的権威でも内的権威でもないようである。 すべての人間は、もしじかれが他人の合法的な主張に干渉しない…

  6. 2017.9.29に行った村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』読書会のもようです。 メルマガ読者さんに頂いた感想文はこちら 私も書きました。 「井戸でやり過ごす」 保守…

  7. 2017.9.22に行った永井荷風『濹東綺譚 (ぼくとうきだん)』読書会のもようです。 メルマガ読者さんから頂いた感想文です。 私も書きました。 「文科綺譚」 『濹東綺譚』は、昭和11年が作品の舞台となっている。その年の2月…

  8. 2017.9.15に行った イーヴリン・ウォー『回想のブライズヘッド』読書会もようです。 メルマガ読者さんの感想文です。 私も書きました。 「理解ある親」をもつ子はたまらない 以前、「「理解ある親」をも…

  9. 2017.9.7に行った中島敦『李陵』読書会のもようです。 メルマガ読者さんから頂いた感想文です。 私も書きました。 「李陵には、天命を知ることが与えられていない」 古代中国において、天命は王朝の正統性(le…

  10. 2017.9.1に行ったトルストイ『人はなんで生きるか』読書会のもようです。 メルマガ読者さんに頂いた感想文はこちら 私も書きました。 「なくてはならないもの」 2017年8月に、生まれたばかりの赤ちゃんを河川敷に生き埋めに…

  11. 2017.8.25に行ったスタンダール『赤と黒』読書会のもようです。 メルマガ読者さんに感想をいただきました。 私も書きました。 『書いた 愛した 生きた』 マチルドは、彼女のご先祖様であるボニファス・ド…

  12. 2017.8.17におこなった森鷗外の『山椒大夫』の読書会のもようです。 皆さんから頂いた感想文は、こちら 私も書きました。 パチンコパーラー『SANSHO』 父親が事業に失敗して失踪したあと、母と安寿姉さんと、僕(ずしお)…

  13. 2017.8.11に行った井伏鱒二先生の『黒い雨』読書会のもようです。 メルマガ読者さんから頂いた感想文はこちらです。 私も書きました。 『帰らざる故郷』 僕も食堂を出ると、もう一度鰻の子の遡上を見るために非常口から裏庭に出…

  14. 2017.8.4に行ったドストエフスキー『罪と罰』読書会のもようです。 メルマガ読者さんから頂いた感想文はこちら 私も書きました。 『新しい旋毛虫』 それは、人体にとりつく微生物で、新しい旋毛虫のようなも…

  15. 2017.7.28に行ったカーソン・マッカラーズ『結婚式のメンバー』読書会のもようです。 メルマガ読者さんから頂いた感想文はこちら 私も書きました。 『気の触れた夏を、生きのびて』 「あたしたちはみんな、多か…

  16. 2017.7.21に行った武者小路実篤の『愛と死』読書会もようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちら 私も書きました。 『見ることと描くこと』 私は、この小説を読んで、印象派の画家ルノアールとモデルの話を思い出した。ルノア…

  17. 2017.7.14に行った大江健三郎さんの『個人的な体験』読書会のもようです。 メルマガ読者さんから頂いた感想文はこちらです。 私も書きました。 『死の欲動《 Θάνατος 》』 障害をもって生まれた赤んぼうから、逃げたい…

  18. 2017.7.6に行ったフランツ・カフカ『変身』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちら。 私も書きました。 『毒虫現象とホロコースト』 事業に失敗して、父親は、ボケたふりをし、母親は喘息を装い、妹は女子高生と…

  19. 2017.6.29に行ったアルベール・カミュ『異邦人』読書会のもようです。 メルマガ読者さんに頂いた感想文はこちら 私も書きました。 『世界の優しい無関心』 アラビア人に一発目と二発目に間を置いて、残りの四発を撃ち込んだこと…

  20. 2017.6.23に行った夏目漱石『こころ』ツイキャス読書会のもようです。 メルマガ読者さんに頂いた感想文はこちら 私も書きました。 『私は★淋しい★人間★です』 先生もKも故郷を捨てた孤独な人たちである。 だからこそ…

RETURN TOP

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ