1. 2019.6.28に行ったエミール・ゾラ『居酒屋』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちら 私も書きました。 『悪魔のひき臼』 先日1968年にブラジルへ移民した日本人の50年を追うドキュメンタリーを見た。一攫…

  2. 2019.6.22に行った中島敦『弟子』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちら 私も書きました。  『麒麟がくる』 (引用はじめ) 魯の哀公が西の方大野に狩して麒麟を獲た頃、子路は一時衛から魯に帰ってい…

  3. 2019.6.14に行った大岡昇平『俘虜記』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちら 私も書きました。  『戦争とジャーナリズム』 そのウェンディが時事解説だけは読まない。「政治は嫌いだ」と彼は…

  4. 2019.6.7に行った夏目漱石『三四郎』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちら 私も書きました。 『広田先生は、デミアンじゃないのか?』 然るに原口さんが突然首を捩って、女にどうしましたかと…

  5. 2019.5.24に行ったヘルマン・ヘッセ『デミアン』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちら 私も書きました。  『自己形成 自己とは偶然か必然か、特殊か普遍か?』 カントの『判断力批判』に『合目的性』という…

  6. 2019.5.17に行った宮沢賢治『銀河鉄道の夜』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちら 私も書きました。  『正義感からの頓死』 ある作家が、新聞の三面記事を目にする。Barで起こった他人同士の喧嘩を仲裁し…

  7. 2019.5.10に行ったチョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちら 私も書きました。 『ミレニアル世代の物狂い』 室町時代に能楽が盛んに創作された。山椒大夫に描かれた…

  8. 2019.5.3に行ったフローベール『ボヴァリー夫人』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちら 私も書きました。 『七月王政の崩壊とエンマ・ボヴァリーの死』 1830年に七月革命が起こり、シャルル十世は英国に亡…

  9. 2019.4.26に行った夏目漱石『こころ』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちら 私も書きました。 『1→0 無への移行 令和の精神』 0の概念は、6世紀にインドで発見された。「何もない」、すなわち「無」を…

  10. 2019.4.19に行った森鷗外『阿部一族』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちら。 私も書きました。  『日本国憲法の精神に殉死する!?』 政局という政治用語がある。政局は、権力行使や人事によって、刻々と変…

  11. 2019.4.12に行った中上健次『日輪の翼』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちら 私も書きました。 『罪深い女 罪深い男』 オカイサンを腹に収めて、腹が熱い茶で温って、老婆らは突然、今まで眠っていた天子様…

  12. 2019.4.5に行った太宰治『水仙』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文のもようです。 私も書きました。 『二十世紀に芸術の天才はいない』 NHKのBSで『大人計画30周年』という特番をやっていた。そのなかで、『…

  13. 2019.3.29に行った三島由紀夫『金閣寺』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちら 私も書きました。 『バイトテロ金閣寺』 『金閣寺』を久々に再読したあと、たまたま『ザ・ビートルズ』というドキュメンタリー映…

  14. 2019.3.22に行った村上春樹『アンダーグラウンド』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちらです。 私も書きました。 『資本主義の危機と末法思想&メシア思想』 阿弥陀如来の名号を唱えれば、往生できる…

  15. 2019.3.15に行ったトルストイ『イワン・イリイチの死』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちらです。 私も書きました。 『ある種の無作法』 2011.3.12の夜中、大きな地震が2回あった。その時、私は、…

  16. 2019.3.8に行った夏目漱石『門』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちら 私も書きました。 『道は近きにあり』 『希言自然。(耳を澄ましても何も聞こえないのが自ずから然る道である。)』 老子(第23章) …

  17. 2019.3.1に行った司馬遼太郎『花神』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちらです。 私も書きました。  『技術は道のために』 「洪庵先生のご一生がそうであったように、技術は道のために用いら…

  18. 2019.2.22に行った森鷗外『高瀬舟』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちらです。 私も書きました。 『安楽死は帝国への不正行為』 庄兵衞の心の中には、いろいろに考へて見た末に、自分より上…

  19. 2019.2.15に行ったチョ・セヒ『こびとが打ち上げた小さなボール』読書会のもようです。 メルマガ読者の感想文はこちらです。 私も書きました。 『主人と奴隷の弁証法』 財閥企業と政府の癒着する権威主義的国家のなかで、生き抜…

  20. 2019.2.8に行った永井龍男『一個』読書会のもようです。 メルマガ読者の感想文はこちらです。 私も書きました。 「左右に揺れる一個人」 月給取りをサラリーマンと呼び、女性賃労働者をOLと呼ぶ。階級というむきだしの社会的諸…

RETURN TOP

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ