アーカイブ:2016年 8月

  1. 『芝居の背景の前にも』 芥川龍之介の最晩年の作品『河童』のあらすじは、以下である。 ある青年は、河童の国に住んでいたことがあった。その国は人間の社会と別の合理性があった。例えば、河童の胎児…

  2. 2016.8.13に行った夏目漱石の『三四郎』の読書会のもようです。 三四郎が、上京するとき逢った女は何者か? 美禰子はなぜ、三四郎に冷たいか? 与次郎は何者か? などについて、話し合いました。 …

  3. 生まれてこのかた、深い人間不信にとらわれている大庭葉蔵は、 世間と折り合いを付けるために道化を演じてきた。 自分のなかに荒れ狂う「人間恐怖」を抑えこみながら 世間の期待の地平で、道化を演じ続けることが …

RETURN TOP

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ