オルダス・ハクスリー『すばらしい新世界』読書会のもよう(2018 6 1)

  • オルダス・ハクスリー『すばらしい新世界』読書会のもよう(2018 6 1) はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

2018.6.1に行ったオルダス・ハクスリー『すばらしい新世界』読書会のもようです。

メルマガ読者さんの感想文はこちら

私も書きました。

「現象の没落としてのユートピア」

『すばらしい新世界』とは、人間から意志を奪い去り、有機野菜を育てるように人間を思いのままに培養する世界である。

 

意志は死によって知性の喪失を蒙る。意志はここで没落してゆく現象の核心であり、それは物自体として不滅のものである。

ショウペンハウエル『自殺について』 岩波文庫 P.24

 

 

野菜は腐っても知性の喪失は被らない。しかし、人間は、死によって、この世に知性を手放していく。ただ、著作などによって、この世に知性を残すことはできる。ネズミにかじられたシェイクスピア全集のように、後世に残されていく知性がある。

『すばらしい新世界』は、ぺらっぺらの『おもちゃの王国』に似ている。ソーマ・フリーセックス・感覚映画という、アトラクションをメインとした安物のネバーランドであり、現象の没落だけが、延々と続くディストピアである。

ここでは人間は、適度に労働して、いまある社会秩序を維持し、余った時間を消費や快楽の追求に充て、30歳位の肉体的な条件で健康を維持しながら、60歳でパタリと死ぬ。

こんなにせものの世界が、なぜ存在しなければならないのか?

滅んだほうがむしろ、いっそ幸福なのではないか?

この問の答えは、ムスタファだけが知っている。

世界の核心は、ジョンやリンダが住んでいた野人保護区域にあるのだ。

『すばらしい新世界』はどこまでも現状維持のコントロールされた世界である。コントロールというのは、コントロールを失うリスクを抱えている。条件というのは、無条件を前提として、はじめて意味を持つ。

ショウペンハウエルが師と仰いだ哲学者カントがテーマにしたとおり、『自由・魂の不死(永遠)・神』という3つのコンセプトは、『無条件』に関わっている。それは、意志の核心だ。

意志の核心は、野人保護区域に保存され、現象の没落は、『すばらしい新世界』が担当している。

無条件の不幸な世界と、条件づけされたすばらしい新世界。

この分断された2つの世界の境界線の上に、現実存在(実存)としてのこの私がいる。

(おわり)

読書会の模様です。

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

  • 2018 07.09
  • オルダス・ハクスリー『すばらしい新世界』読書会のもよう(2018 6 1) はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ