2/28(土)長野市にてシェイクスピアの『ハムレット』を精読する読書会を開催します。(終了しました。音声有り)

この記事は2分で読めます

2015.2.28にシェイクスピアの『ハムレット』の読書会を行いました。

その様子を録音してきたので暇だったら聴いてください。

当日使ったレジュメはこちらです。

原文のPDFは、こちらからダウンロードできます。

 

(以下、旧告知文)

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら

月一回は、海外の古典作品を課題図書にしたいので

シェイクスピアの『ハムレット』を精読する読書会

を開催します。

ハムレットは、1601年に初演されたといいます

1600年台に、宗教対立が終わり、

新教国を中心に近代国家が始まる夜明け前の作品です。

また、苦悩する近代的人間の代表としてハムレットはとりあげられます。

なぜ、ハムレットは狂ったふりをするのか?

なぜ、オフィーリアも狂気に沈んだのか?

色々と謎がありますので、心理の綾を読み解いていきます。

 

 

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:2015年2月28日(土) 15時~17時頃まで

場所:長野市 もんぜんぷら座 会議室701

地図はコチラです。

定員 7名

参加要件

できれば、『ハムレット』を読んできてください。

当日、本をご持参下さい。

参加したいが、うまくしゃべれないので気後れするという方は

見学も受け付けています。

見学希望とお伝えの上で、参加してください。

見学の場合は必ずしも、全部読んでこなくても結構です。

 

 

参加費   無料

 

司会進行は私がすすめます。

初めての方でも安心して参加できるように、

私がしゃべりまくるので、見学だけでもどうぞ。

 

 

 

【新潮文庫『ハムレット』ウラ表紙より引用はじめ】

城に現われた父王の亡霊から、

その死因が叔父の計略によるものであるという事実を告げられた

デンマークの王子ハムレットは、固い復讐を誓う。

道徳的で内向的な彼は、日夜狂気を装い懐疑の憂悶に悩みつつ、

ついに復讐を遂げるが自らも毒刃に倒れる――。

恋人の変貌に狂死する美しいオフィーリアとの悲恋を織りこみ、

数々の名セリフを残したシェイクスピア悲劇の最高傑作である。

 

【引用終わり】

作品に取り上げられていて、読み流してしまう部分を

丹念に読み込むことができればと思います。

 

お申し込みは、以下からお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

課題図書

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ