ドストエフスキーの『罪と罰』を読む企画をはじめました。

この記事は2分で読めます

ドストエフスキーの『罪と罰』を読む企画をはじめました。

 

あらすじは、ざっくりいうと、

貧乏で傲慢で、頭脳明晰な大学生、ラスコーリニコフが、高利貸しの婆さんを斧で殺して、

逃げまわりながら、神とは、善とは、何かということに

気がついていくというサスペンスです。

 

私は、読むのは三回目なのですが、

初読の方に解説しながら、一緒に読んでいきたいと思います。

 

再再読してわかったのは、『罪と罰』は1866年当時の

ロシア、サンクト・ペテルブルグを席巻した

イギリス発の経済思想、法哲学である

功利主義(ユーティリティズム)とロシア正教の政治的対立が

描かれているということです。

 

高利貸しの老婆を殺して、彼女の財産を再分配しても

『最大多数の最大幸福』ためなら良心の痛みはない

という思想に、ロシア正教によって道徳意識を育んだ

ロシアの大学生が、はたして折り合いをつけられるのか?

という問題を

ラスコーリニコフという主人公と、その周辺人物を

対話を通して描いています。

 

新潮文庫の工藤精一郎さんの訳で読んでいきます。

世界文学の名作なので、この機会に是非一緒に読んでみましょう。

 

音声解説もはじめました。

 


長野市では、2015/3/28(金)に

「ドストエフスキーの『罪と罰』を精読する読書会」

を行う予定です。

日時:2015年3月28日(土) 17時~19時頃まで

場所:長野市 もんぜんぷら座 会議室701

地図はコチラです。

(参加費無料、要申し込み)

 

そこに向けて、気合で1ヶ月で読みきりたいと思いますので、

読んだ上で、リアル読書会にも参加してもらえると嬉しいです。

 

 

ロシア語版はこちら

 

音声解説を頼りに、孤独にひっそり読んでいただけいても結構ですが、

できればネット上でも、複数人でスカイプを使って読書会をやりたいと思います。

参加したい方や、読んで質問などあれば、メール下さい。(参加費無料)

 

ただ、お願いですので、本名でお問い合わせください。

あと、礼儀のなってないメールは、迷惑メールとして扱います。(返信しません)

よろしくお願いします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ