ミヒャエル・エンデ『モモ』読書会のもよう(2018 5 18)

  • ミヒャエル・エンデ『モモ』読書会のもよう(2018 5 18) はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

2018.5.18に行った、ミヒャエル・エンデ『モモ』読書会のもようです。

メルマガ読者さんの感想文はこちら

私も書きました。

「モモと直観」

マイスター・ホラは、モモにこう言った。

 

「もし人間が死とはなにかを知ったら、こわいとは思わなくなるだろうにね。そして死をおそれないようになれば、生きる時間を人間からぬすむようなことは、だれにもできなくなるはずだ」  P.237

 

カント以降の哲学では、人間は、時間と空間に縛られた世界に現象化していると考えられた。

そして、時間に縛られて生きていることを人間だけが自覚している。それをもって「現存在」という。犬猫には過去とか未来という時間軸はない。人間だけが、自分が死ぬことを知っている。犬猫は死を避けるだけだ。

反対に言えば、人間の認識する現象は時間を前提としている。

アキレスと亀の寓話(ゼノンのパラドックス)というのがある。アキレスは亀を追い越すまで、追い越せないという話だ。追い越す瞬間が、いつ来るのか? 数字で表象すると有限の中に無限が現れてしまう。有限の時間の中に、無限が隠されている。

人間は有限な存在だが、無限を直観して生きている。生は有限であり、死は無限だ。生きている人間は常に限りなく死につつある。

今という瞬間は、我々の生命エネルギーの発現そのものだ。モモは、みんなの生命を刺激して、直観力を促進する。円形劇場は、直観のなかで人間の自分の生命そのものに迫るために舞台であり、時間の花は、直観によって人間が「絶対」「完全」「無限」を体験するフロー状態の比喩だ。

時間を数えることは、死んだ時間の分析である。一方、ワクワクしている時間は、フロー状態のように体験されるものだ。

 

モモはただジジをじっと見つめました。なににもまして、ジジが病気だということ、死の病にむしばまれているということが、よくわかりました。 P.308

 

時間の奴隷になってしまったジジは、想像力が枯渇してしまった。ジジの想像力の源泉は、リラックスしたモモとのおしゃべりの中にあった。彼はモモを失い、生きながら死んでしまった。

時間泥棒の絶望的なマンネリ感は、直観を殺し、生命を殺す。

(おわり)

読書会の模様です。

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

  • 2018 06.14
  • ミヒャエル・エンデ『モモ』読書会のもよう(2018 5 18) はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ