タグ:カラマーゾフの兄弟

  1. 『カルガーノフの号泣』   カルガーノフはミーチャの母方のミウーソフ家の親戚で、アリョーシャの友人である。乞食に施しを与えながらも、その姿が偽善者に映らないか、気にするような、自意識過剰な二十歳の青年だ。繊細で内省的だが、同時に…

  2. 『肉弾スメルジャコフ』 「僕(※引用者注 イワン)を尊敬しようって気を起こしたんですよ。あれ(※引用者注 スメルジャコフ)はただの召使いの、下種野郎です。もっとも時期がくれば、最前線の肉弾になるでしょうがね。」 カラマーゾフの兄弟 …

  3. 2016.5.7に行った、長野市での『カラマーゾフの兄弟』の 読書会の模様です。 『自己欺瞞』と『赦し』というテーマで話し合いました。 Amazon.co.jp ウィジェット 役に立ったらにポチ…

  4. 『ミーチャとポーランド人』 グルーシェニカが、初恋の相手であるポーランド人将校からの手紙を受け取ったことを ミーチャは話に聞いていた。 しかし、彼は、彼女が父親のフョードルと自分のいずれかを選ぶと信じて…

  5. 『カラマーゾフの兄弟』の読書会をスカイプで行いました。 長い小説なので前半部分だけ解説しました。 この作品のテーマは、スバリ 『人間の自己欺瞞と信仰』です。 難解な作品で挫折す…

  6. 『グルーシェニカと一本の葱』 ゾシマ長老の死後、多くの信者に動揺が走った。 数々の奇跡を起こした長老のご遺体から思いもかけない腐臭がしたからだ。 アリョーシャはいとも簡単に信仰が揺ら…

  7. 富裕な地主のホフラコワ夫人の14歳の一人娘リーザは、小児麻痺にかかり 車いすの生活をしていた。 奇跡による治癒をへ願って母娘はゾシマ長老のもとへ通う。 ゾシマは、信仰心の薄いホフラコ…

  8. 『ごまかしだらけのへちまの名誉』 『カラマーゾフの兄弟』にスネギリョフという男が出てくる。 特徴あるあごひげのせいで、「へちま」とあだ名されている。 彼は、元二等大尉であるが、現在は…

  9. 『イワンと大審問官』 イワンは、人間の再生を真剣に考えている恐ろしい思想家だ。 『あらゆる地上の国家がゆくゆくは全面的に教会に変るべきであり、 それも教会と相容れぬ目的をすでにことごとく排除したあと、 教会になるほかないのです。…

  10. 『イワンと自己欺瞞』 イワンは幼児虐待を赦せない。 罪もない子どもが、なぶり殺される世界を認められない。 神が創造した世界になぜ幼児虐待があるのか? イワンは怒っている。 …

  11. 『自己欺瞞の怪物 フョードル』 フョードルは、自己欺瞞の怪物である。 でたらめな言動で周囲を自分のペースに巻き込むのが得意だ。 彼は2度の結婚をして一財産築いた。 情欲の怪物でもあり、自宅に水商売…

RETURN TOP

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

課題図書

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ