『カラマーゾフの兄弟』より 『カルガーノフの号泣』

この記事は1分で読めます

『カルガーノフの号泣』

 

カルガーノフはミーチャの母方のミウーソフ家の親戚で、アリョーシャの友人である。乞食に施しを与えながらも、その姿が偽善者に映らないか、気にするような、自意識過剰な二十歳の青年だ。繊細で内省的だが、同時に子供っぽい無邪気な性格でもある。彼は修道院で知り合ったマクシーモフという没落地主と仲良くなって、モークロエのトリフォンの宿にいた。

 

カルガーノフはマクシーモフの嘘に興味を持った。

 

 

 

「かりに嘘をつくにしても、そりゃこの人はしょっちゅう嘘ばかりついていますけど、でもこの人の嘘は、もっぱらみんなを楽しませるためなんです。これは卑劣なことじゃないでしょう、卑劣じゃありませんよね? (中略)ほかの人なら、何か理由があって、利益を得るために卑劣な行為をするものですが、このひとはただなんとなく、天性でそうするんですものね……」

([『カラマーゾフの兄弟』 新潮文庫 中巻 P396

 

 

 

マクシーモフの嘘は、教養に富んだ無害な嘘であったので、カルガーノフは好感をもったのだ。しかし、その後、グルーシェニカの元愛人のポーランド人将校を交えてカードをしていると、カルガーノフは、その将校がインチキをするのを見てしまった。そして、ミーチャがその将校をつまみ出して、どんちゃん騒ぎをはじめた頃には、気が滅入って、すっかり《わびしく》なってしまい、「低俗だ、何もかも国民性まるだしじゃないか」吐き捨てた。嘘に嘘を重ねて進むロシア社会の自己欺瞞の醜悪さに、彼は嫌気がさした。

 

ロシアの社会には、ロシアの現実がある。カルガーノフもロシア人として卑劣さを免れない。それが、ロシア人としての宿命である。ミーチャが逮捕された愚かな騒動の顛末を目の当たりにして、現実社会を強烈に意識した。巻き込まれてしまった現実の救いようのない愚劣さに、「生きるに値するだろうか、そんな値打ちがあるのだろうか!」と打ちひしがれ、この真面目な青年は、玄関の片隅で、ひとりきりで思い切り泣いたのだった。

 

(おわり)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ