『カラマーゾフの兄弟』より 『ごまかしだらけのへちまの名誉』

この記事は2分で読めます

『ごまかしだらけのへちまの名誉』

 

『カラマーゾフの兄弟』にスネギリョフという男が出てくる。

特徴あるあごひげのせいで、「へちま」とあだ名されている。

 

彼は、元二等大尉であるが、現在は失業中だ。

 

へちまは、障害のある妻や娘と9歳の長男を養わなければないので、

やむなく怪しい稼業に手を染めた。

 

詐欺まがいの取引をしたことで、恨みを買い、往来で、ある将校に殴られてしまう。

 

友だちと下校していた長男は、愁嘆場をたまたま目撃して

父を助けるために、相手の将校の手に接吻して許しを乞うた。

 

将校は、決闘をしたければ申しこめばいい捨てゼリフを吐いて立ち去る。

 

長男は、名誉を守るため父に決闘してほしかった。

 

へちまは、非を自覚しているので、息子に「人を殺すのは罪だよ」と

もっともらしい言い訳して、その将校と決闘をしなかった。

 

一家の名誉が汚され、長男は悔しくて涙がとまらなかった。

悲しすぎて、目から水平に涙がほとばしった。

 

翌日から「へちまの子ども」と揶揄され、学校でいじめられた。

 

相手の将校の許嫁である貴婦人が、この事件に心痛め、見舞金を申し出た。

 

その見舞金の遣いを頼まれたのは、その将校の心優しい弟、アリョーシャだった。

 

思いがけない見舞金を手にしたスネギリョフは、これで家族の治療費を出せるし、

不名誉から逃れるため、この街を出て、一家でやり直せると感激した。

 

しかし、いざ金を手にすると、長男の泣いている顔を思い出してしまった。

アリョーシャいわく、その日、長男は、なんと無様な父の仇をとるために

将校の弟であるアリョーシャの手に噛みついて大怪我をさせていたのだ。

 

世間では卑劣漢のへちまでも、長男には、大切なパパだった。

 

しかし、いま、父親が、今度は、敵の関係者のお仕着せような見舞金を受けとり

またふたたび、一家の名誉を裏切ったと知ったら、息子は、父を赦せるのか・・・。

 

ごまかしだらけのパパでも赦したい、と願う息子の悲しみがへちまの胸によぎったとき、

彼は、突然、お金を踏みつけて、

 

『へちまは自分の名誉を売りはしません!』

 

と叫び、泣きながら家路を駆けていった。

(終わり)

役に立ったらにポチッとご協力お願いします!!

にほんブログ村 本ブログ 読書会・読書法へ

メルマガで限定音声配信中

個別講座のご案内

読書会を主催したい方へ

Facebookページ「信州読書会」

YouTubeチャンネル「信州読書会」

読書メーターにも参加しています

信州読書会の課題図書一覧

sponsored link



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

課題図書

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ