7/11(土)夏目漱石『坊っちゃん』の読書会を行います。(終了しました。音声有り)

この記事は2分で読めます

2015.7.11に行った、夏目漱石の『坊っちゃん』の

読書会のもようです。

 

(以下、旧告知文)

 

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら)

長野市にて、「夏目漱石の『坊っちゃん』を精読する読書会」

を開催します。

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:7月11日(土) 16時~18時頃まで

場所:もんぜんぷら座 会議室 304

地図はコチラです。

定員 7名程度

参加要件 夏目漱石の『坊っちゃん』を読んできてください。

当日本をご持参ください。

青空文庫 坊っちゃん

 

参加費/無料

司会進行は私がすすめます。

講義ではありませんので、皆さんにも積極的にお話してもらいます。

 

【新潮文庫ウラ表紙より引用はじめ】

松山中学在任当時の体験を背景とした初期の代表作。

物理学校を卒業後ただちに四国の中学に数学教師として

赴任した直情径行の青年“坊っちゃん”が、

周囲の愚劣、無気力などに反撥し、職をなげうって東京に帰る。

主人公の反俗精神に貫かれた奔放な行動は、

滑稽と人情の巧みな交錯となって、漱石の作品中最も広く愛読されている。

近代小説に勧善懲悪の主題を復活させた快作である。

【引用終わり】

 

◯なぜ、坊っちゃんは、直情径行なのか?

◯なぜ、清は、坊っちゃんを愛したのか?

◯なぜ、坊っちゃんは、うらなり先生に同情するのか?

◯なぜ、坊っちゃんは、赤シャツ、野だいこを成敗するのか?

 

などなど、いろいろ疑問に思うことがあると思いますので、

小説を読解しながら、読書会で意見を交換したいと思います。

お申込み、お問い合せは以下フォームよりお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ