7/18(土)ソルジェニーツィンの『イワン・デニーソヴィチの一日』の読書会を行います。(終了しました。音声有り)

この記事は2分で読めます

2015.7.18に行った

ソルジェニーツィンの『イワン・デニーソヴィチの一日』の

読書会のもようです。

旧ソ連の収容所の一日を描いた小説です。

零下30度にもなるシベリアの刑務所での集団生活が

どういうものかわかるので、面白い小説でした。

(以下は、旧告知文)

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら)

長野市にて、「ソルジェニーツィンの『イワン・デニーソヴィチの一日』を精読する読書会」

を開催します。

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:7月18日(土) 15時~17時頃まで

場所:もんぜんぷら座 会議室 701

地図はコチラです。

定員 7名程度

参加要件 『イワン・デニーソヴィチの一日』(新潮文庫)を読んできてください。

当日本をご持参ください。

参加費/無料

司会進行は私がすすめます。

初めて参加される方にも、気後れしないように、

私がしゃべりまくるので、

様子見でも結構です。お気軽に参加ください。

 

 

【内容紹介引用はじめ】

1962年の暮、全世界は驚きと感動で、

この小説に目をみはった。

当時作者は中学校の田舎教師であったが、

その文学的完成度はもちろん、

ソ連社会の現実をも深く認識させるものであったからである。

スターリン暗黒時代の悲惨きわまる強制収容所の一日を

初めてリアルに、しかも時には温もりをこめて描き、

酷寒(マローズ)に閉ざされていたソヴェト文学界に

ロシア文学の伝統をよみがえらせた芸術作品

【引用終わり】

 

氷点下30度のシベリアの収容所の生活を書いた小説です。

SF小説かと思うくらいの内容ですが、

人間が生き延びるために、必要な何かを描ききっていて、

励まされます。

 

お申込み、お問い合せは、下記フォームよりお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ