島尾敏雄 『魚雷艇学生』 読書会のもよう

この記事は2分で読めます

2015.6.27に行った

島尾敏雄 『魚雷艇学生』 読書会のもようを

録音しました。

普通の学生が、1年ちょっとで魚雷艇特攻部隊の

特攻隊長になって

200名近くの特攻部隊を指揮するという

太平洋戦争の実話を元にした小説です。

★襖(ふすま)を閉めたことに関して補足

読書会の音声を聞き直していて

説明の足りなかった部分があったので、

ご説明します。

 

『魚雷艇学生』で、最後にふすまを閉めたのは

あれこそが『ディシプリン』だと私は思います。

 

 

ふすまを開けて飲んでしまう行為が、

自分たちの特攻精神=ディシプリン(自己規律)を

乱してしまうという用心から

ふすまを閉めたのではなか?

 

ふすまの向こうは、世俗です。

 

世俗社会をふすまで遮断しないと、

特攻するまでの精神の緊張を保てない。

自分たちのディシプリン=自己規律を守れない。

 

だからふすまを閉めたけれど、

そのディシプリンを犯してくる

下士官が、雪崩れ込んできた。

 

そして、自分たちのディシプリンを守るために、

乱闘して、なおかつ、そのけじめとして海軍古参上官を殴った。

こういう話だと思います。

 

 

私が福音書を感じるというのは、

福音書の十二使徒(ディサイプル)は常に

イエスの教え(ディシプリン)試されて

思い惑っています。

 

その姿にダブりました。

 

 

特攻命令が福音だとすると、

それを最後まで遂行できるかどうかは

これはディシプリンがないと難しい。

ふすまの向こうの世界は

もう戻れない世俗(欲望の)社会だから

ふすまで断てきった。

 

そういうことを書いているんじゃないかと

思いました。

 

魚雷艇学生がいつも信仰の危機にある

カトリック司祭みたいだというのは

その意味においてです。

 

 

あとで、調べたら

島尾敏雄は、カトリックとして

受洗していたそうです。

 

その経緯は、戦艦大和に搭乗し、

同じく戦後となったカトリックとなった

吉田満との対談で明らかになっています。

 

キリスト教文学を戦争文学に変えて書いている作品です。

作品の意図するところとしては、若干、カトリック作家の

グレアム・グリーンの『権力と栄光』に似ていると思いました。

 

 

役に立ったらにポチッとご協力お願いします!!

にほんブログ村 本ブログ 読書会・読書法へ

スカイプ読書会のご案内

Facebookページ「信州読書会」

YouTubeチャンネル「信州読書会」

読書メーターにも参加しています

信州読書会の課題図書一覧

sponsered link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ