11/29(土)夏目漱石の『三四郎』を精読する読書会を行います。(終了しました。録音音声有り)

この記事は2分で読めます

当日使用したレジュメです。

夏目漱石『三四郎』レジュメと、読書会の感想。

 

音声も録音しました。

 

以下、旧告知文

 

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら

現在、朝日新聞でも連載されている

夏目漱石の『三四郎』を精読する読書会を行います。

 

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:11/29(土)17時~19時頃まで

場所:もんぜんぷら座 会議室 701

地図はコチラです。

定員 5名

参加要件 できれば、夏目漱石の『三四郎』を読んできてください。

著作権切れているので、青空文庫で読めます。

参加費/無料

 

司会進行は私がすすめます。

初めて参加される方にも、気後れしないように、

私がしゃべりまくるので、

様子見でも結構です。お気軽に参加ください。

 

【新潮文庫ウラ表紙より引用はじめ】

熊本の高等学校を卒業して、東京の大学に入学した小川三四郎は、

見る物聞く物の総てが目新しい世界の中で、

自由気儘な都会の女性里見美禰子に出会い、

彼女に強く惹かれてゆく……。

青春の一時期において誰もが経験する、

学問、友情、恋愛への不安や戸惑いを、

三四郎の恋愛から失恋に至る過程の中に描いて

『それから』『門』に続く三部作の序曲をなす作品である。

【引用終わり】

 

 

お申込み、お問い合せは、下記フォームよりメールいただくか、

Facebookのメッセージにてお願いします。

Facebookはこちら (申し訳ございませんが、無言の友だち申請は認証しません)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

課題図書

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ