2/14(土)長野市にて遠藤周作の『沈黙』を精読する読書会を開催します。(終了しました。音声あり。)

この記事は3分で読めます

2015.2.14に遠藤周作さんの『沈黙』の読書会を、長野市で行いました。

その様子を録音してきたので暇だったら聴いてください。

善光寺が、読書会会場のそばなので、

長野灯明まつりの様子も冒頭、撮影しました。

ライトアップの瞬間もとれました。

当日使ったレジュメはこちらです。

(以下、旧告知文)

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら

戦後日本文学も、月イチで読んでいこうと思いまして

第三の新人の作品を、取り上げたいと思います。

第二弾として、

遠藤周作の『沈黙』を精読する読書会

を開催します。

 

『タクシードライバー』や『ディパーテッド』で有名な映画監督

マーティン・スコセッシが、この作品を映画化するということで、

先月末に台湾でクランクインしたそうです。

 スコセッシ監督×遠藤周作原作「沈黙」、ついに1月末にクランクイン!

 

(引用はじめ)

[映画.com ニュース] マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の長編小説「沈黙」を映画化する「サイレンス(原題)」が、このほど総製作資金を確保し、いよいよ1月30日に台湾でクランクインすると、米バラエティが報じた。

「サイレンス(原題)」は、スコセッシ監督が20年以上にわたって温めてきた悲願の企画。キリシタン禁制が敷かれた17世紀の日本を舞台に、ポルトガル人司祭の苦悩を描く。

主人公の宣教師ロドリゴ役を「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールド、その師フェレイラ神父役をリーアム・ニーソン、ロドリゴとともに日本に渡るガルペ神父役をアダム・ドライバーが演じる。また、スケジュールの都合で降板した渡辺謙に代わった浅野忠信イッセー尾形の出演が決定している。

米パラマウント・ピクチャーズの配給で、2015年末の全米公開が予定されている。

 

(引用終わり)

窪塚洋介がハリウッドデビュー マーティン・スコセッシ監督の映画「沈黙」で大役演じる

 

(引用はじめ)

俳優の窪塚洋介(35)が4日、遠藤周作原作の歴史小説「沈黙」をマーティン・スコセッシ監督(72)が映画化する「Silence(原題)」に出演することをツイッター上で明かした。窪塚にとっては初のハリウッド出演作となる。

窪塚は「告知」と題したツイッターで「数年に及ぶオーディションを勝ち抜きまして、ハリウッド映画に初出演となり、年初から台湾にいますた」とハリウッドデビューすることを報告した。

出演作は映画「タクシードライバー」「グッドフェローズ」などで知られる巨匠スコセッシ監督が長年構想を練ってきた「沈黙」の映画化作品で、今年1月から台湾で撮影がスタートしている。窪塚が演じるのは、主人公の若き宣教師の案内役を務め、やがて宣教師を裏切る日本人のキチジロー。作中で重要な役割を担う人物だけに「光栄にもキチジローという大役授かりまして、役者冥利に尽きまくる日々を過ごしてます」と喜びを語っている。

「沈黙」は島原の乱が収束して間もない江戸初期に長崎にやってきた若きポルトガル人宣教師の苦悩を通し、神の存在やキリスト信仰の根源的な問題を浮き彫りにした、世界的にも評価が高い作品。アンドリュー・ガーフィールド(31)、リーアム・ニーソン(62)、アダム・ドライバー(31)、浅野忠信(41)、イッセー尾形(63)、笈田ヨシ(81)らが出演する。

 

(引用終わり)

 

 

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:2015年2月14日(土) 15時~17時頃まで

場所:長野市 もんぜんぷら座 会議室701

地図はコチラです。

定員 7名

参加要件

遠藤周作の『沈黙』(新潮文庫)を読んできてください。

当日、本をご持参下さい。

 

参加したいが、うまくしゃべれないので気後れするという方は

見学も受け付けています。

見学希望とお伝えの上で、参加してください。

見学の場合は必ずしも、全部読んでこなくても結構です。

 

 

参加費   無料

 

司会進行は私がすすめます。

初めての方でも安心して参加できるように、

私がしゃべりまくるので、見学だけでもどうぞ。

 

【新潮文庫『沈黙』ウラ表紙より引用はじめ】

島原の乱が鎮圧されて間もないころ、

キリシタン禁制の厳しい日本に潜入したポルトガル人司祭ロドリゴは、

日本人信徒たちに加えられる残忍な拷問と悲惨な殉教のうめき声に接して苦悩し、

ついに背教の淵に立たされる……。

神の存在、背教の心理、西洋と日本の思想的断絶など、

キリスト信仰の根源的な問題を衝き、

〈神の沈黙〉という永遠の主題に切実な問いを投げかける長編。
【引用終わり】

 

私の方では、当時のスペイン・ポルトガルとイギリス・オランダの間の

カトリックとプロテスタントの宗教対立や、

イエズス会の布教活動の政治的な意図に絡んだ

豊臣秀吉の伴天連(バテレン)追放令の世界史的な背景などお話します。

 

宗教的な背景がわからなくても、人間ドラマとして

面白い小説です。

お申し込みは、以下からお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ