6/6(土)太宰治の『斜陽』を精読する読書会を行います。(終了しました。音声有り)

この記事は1分で読めます

太宰治の『斜陽』の読書会を行いました。

そのもようを録音してきました。

レジュメはこちらからダウンロードできます。

(以下、旧告知文)

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら)

6/6(土)に

太宰治の『斜陽』を精読する読書会を行います。

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

日時:6/6(土)15時~17時頃まで

場所:もんぜんぷら座 会議室 701

地図はコチラです。

定員 7名

参加要件 太宰治の『斜陽』を読んできてください。

様々な文庫で読めます。

 

青空文庫でも読めます。こちらをクリック

参加費/無料

司会進行は私がすすめます。

初めて参加される方にも、気後れしないように、

私がしゃべりまくるので、

様子見でも結構です。お気軽に参加ください。

 

 

【amazonの内容紹介】

破滅への衝動を持ちながらも“

恋と革命のため”生きようとするかず子、

麻薬中毒で破滅してゆく直治、最後の貴婦人である母、

戦後に生きる己れ自身を戯画化した流行作家上原。

没落貴族の家庭を舞台に、

真の革命のためには

もっと美しい滅亡が必要なのだという悲壮な心情を、

四人四様の滅びの姿のうちに描く。

昭和22年に発表され、“斜陽族”という言葉を生んだ太宰文学の代表作。

【引用終わり】

 

お申込み、お問い合せは、下記フォームよりお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ