サン=テグジュペリ『星の王子さま』読書会ものよう(2018 1 12)

  • サン=テグジュペリ『星の王子さま』読書会ものよう(2018 1 12) はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

2018.1.12に行ったサン=テグジュペリ『星の王子さま』読書会のもようです。

メルマガ読者さんに頂いた感想文です。

私も書きました。

『バラの名は。』

 

〈ぼくはこの世に一輪だけの、財宝のような花を持っているつもりでいたけど、ほんとうは、ただのありふれたバラだった。(中略) そんなものだけじゃ、ぼくはりっぱな王子さまにはなれないよ……〉そうして王子さまは、草の上につっぷして、泣いた。

 

王子さまのみならず、大人が大人であるために、なにかを持っていなければならない。地位、学歴、お金、コネ、権力、美貌など、この世で持っているもので、人は判断される。数え上げればキリがない。ありあわせの人間性だけで見知らぬ世界を生き抜くことは、太平洋を自力で泳いで渡るにひとしい。

王子さまが星に残してきた一輪のバラは、なんでもないバラだった。プライドが高くて、さみしがりやで、嘘つきで、欠点だらけのありふれた性格の女の子だった

 

「さようなら」王子さまは言った……

「さようなら」キツネはいった。「じゃあ秘密を教えるよ。とてもかんたんなことだ。ものごとはね、心でみなくてはよく見えない。いちばんたいせつなことは、目に見えない」

 

この「さようなら」は、原文では、「アデュー(adieu)」 語源は、「a Dieu (神のみもとへ)」

長いお別れ、もしくは、死ぬ前の最期の別れだ。

「お前はだれだ、俺はどうしてここにきた? あいつに会うために来た。助けるためにきた。生きてて欲しかった。誰だ、誰? 誰に会いに来たんだ? 大事な人、忘れたくない人、忘れちゃだめな人。」

この作品にも『君の名は。』と同じテーマが描かれている。

この世にアデュー(adieu)を告げる前に、私たちは、ありふれたものとの間の目に見えないも関係にもアデュー(adieu)を告げている。 いま、すでに、私たちは多くのものを忘れつつあるのかもしれない。

大事なもの、忘れちゃならないもの 忘れちゃダメなもの、一輪のバラ 、造花の水仙  相手が自分のために費やしてくれた時間、あるべき世界、人間性への責任、神との関係、意志、永遠なるもの…… 目には見えないもの……

(おわり)

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

  • 2018 01.27
  • サン=テグジュペリ『星の王子さま』読書会ものよう(2018 1 12) はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ