夏目漱石『明暗』読書会のもよう

この記事は1分で読めます

さて、長野市での読書会も月一回になってしまいましたが、

今回は、夏目漱石の『明暗』で読書会を行いました。(2016.7.9)

『明暗』の主人公は津田という男性です。

『それから』の代助によく似た高等遊民のような男です。

彼は、清子と結婚する予定だったのですが

原因がわからないまま婚約を破棄して

延子という女性と結婚します。

この夫婦は、浪費癖がエスカレートして経済的に苦境に陥り、

親族を巻き込んで、軋轢が生じるというのが主なストーリーです。

津田が清子と再会して、さて、盛り上がるゾ、というところで、

漱石が亡くなってしまったため、残念ながら未完です。

文庫本で600ページくらいあります。

完成すれば1200ページくらいになっていた予定だそうです。

この作品のキーパーソンである清子という名前について

私が気づいたことがあります。

漱石の奥さんの夏目鏡子の本名はキヨで、

『坊っちゃん』の坊っちゃんを愛したのも清。

こうやって「キヨ」という名前をめぐって円環ができていて、

漱石の作品の大切な女性の名前は、

だいたい奥さんの名前からとっていたということです。

愛妻家だったんでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

課題図書

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ