夏目漱石の『こころ』は先生の自己欺瞞を描いているのだろう読書会(2016 5 14)

この記事は1分で読めます

2016.5.14に行った夏目漱石の『こころ』の読書会の模様です。

 

「先生」というのは、自己愛でみんなを不幸にしているのに

それに気がついていない嘘つき人間ではないかという珍説をかかげて

読み込んでみました。

 

本人の自覚していないところで「ひとでなし」である可能性は

誰でもあります。

 

そんな「ひとでなし」だらけのポイズンな世の中に

愛想が尽きてKは自殺したのかもしれません。

 

先生の遺書にこめられた深い自己欺瞞を

暴いてみました。

 

この名作には、

「先生がいい人だ」と信じたい、われわれ読者の「こころ」に

深く突き刺さるトゲ=自己欺瞞が、隠されています。

役に立ったらにポチッとご協力お願いします!!

にほんブログ村 本ブログ 読書会・読書法へ

メルマガで限定音声配信中

個別講座のご案内

読書会を主催したい方へ

Facebookページ「信州読書会」

YouTubeチャンネル「信州読書会」

読書メーターにも参加しています

信州読書会の課題図書一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 茅野
    • 2016年 5月18日

    YOUTUBEでいつもきかせてもらっています。ニーチェとてもいいと思いました。

      • miyazawa
      • 2016年 5月20日

      いつもご視聴ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

課題図書

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ