三島由紀夫『午後の曳航』読書会のもよう(2018 3 23)

  • 三島由紀夫『午後の曳航』読書会のもよう(2018 3 23) はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

2018.3.23に行った三島由紀夫『午後の曳航』読書会のもようです。

メルマガ読者さんの感想文はこちら

私も書きました。

「国体の見張り人兼執行人」

 

僕たちの義務はわかっているね。ころがり落ちた歯車は、又もとのところへ、無理矢理はめこまなくちゃいけない。そうしなくちゃ世界の秩序が保てない。僕たちは世界が空っぽだということを知っているんだから、大切なのは、その空っぽの秩序をなんとか保っていくことしかない。僕たちはそのための見張り人だし、そのための執行人なんだからね。

 

塚崎竜二が、海を捨て、陸地で平凡な父親になることは、世界の秩序に反する。だから、彼を英雄にするために、この恐るべき子供たちは、彼に睡眠薬入りの紅茶を飲ませ惨殺する。

世界は空っぽだが、空虚の中心は、しっかり埋めなければならない。幕末の尊王攘夷志士も、ことあるごとに天皇を「玉」と呼んではばからなかった。

信じていないものを信じているふりをするという様式性が、日本の政治・社会制度の根底にある「国体」の特徴である。そして、信じているふりこそが、空っぽの秩序を保つために、十全に権威を発揮するのである。

竜二の惨殺は、米軍用地跡で行われる。今は、日本の法のもとにある。占領時代を経た戦後日本にとって、「落ちた歯車」は何であろうか。国体であろうか? 現人神としての天皇だろうか?

竜二を殺すことが、燔祭であるとすれば、占領後の日本は、神聖な領域を失っているから、その燔祭は、偽りの儀式に過ぎない。何の神に、この偽物の英雄を捧げるのか?

(引用はじめ)

うしろ向きの墓や十字架。それらがみんなむこうへ顔を向けているのならば、僕たちがいるこのうしろ側は、何と名付けられるべき場所なのだろう。

(引用おわり)

大岡昇平の『野火』に、菊花の紋にばってん(十字架)された三八銃が出てくる。十字架の後ろにあるのは、菊花の紋(=国体)であることを意味している。

「男がみな人食い人種であるように、女はみな淫売である。各自そのなすべきことをなせばよいのである。」 『野火』

これは、人間の本質である。しかし、その味気なさが我慢ならないので様式を求める。

平和な時代の子どもたちは、猫をなぶり殺し、やがて人をなぶり殺し、空虚なる国体の見張り人兼執行人として自らを育成する。

 

(おわり)

読書会の模様です。

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

  • 2018 04.21
  • 三島由紀夫『午後の曳航』読書会のもよう(2018 3 23) はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ