10/3(土) 小川洋子さんの『博士の愛した数式』の読書会を開催します。(終了しました。音声あり)

この記事は2分で読めます

2015.10.3に行った小川洋子さんの『博士の愛した数式』の読書会のもようです。

(以下、旧告知文)

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら

小川洋子さんの『博士の愛した数式』を精読する読書会

を開催します。

 

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:2015年10月3日(土) 16時~18時頃まで

場所:長野市 もんぜんぷら座 会議室303

地図はコチラです。

定員 7名

参加要件

課題図書  小川洋子 『博士の愛した数式』 新潮文庫

を読んできてください。

当日、本をご持参下さい。

 

参加したいが、うまくしゃべれないので気後れするという方は

見学も受け付けています。

見学希望とお伝えの上で、参加してください。

見学の場合は必ずしも、全部読んでこなくても結構です。

 

 

参加費   無料

 

司会進行は私がすすめます。

初めての方でも安心して参加できるように、

私がしゃべりまくるので、見学だけでもどうぞ。

 

【内容紹介はじめ】

[ぼくの記憶は80分しかもたない]

博士の背広の袖には、

そう書かれた古びたメモが留められていた

──記憶力を失った博士にとって、

私は常に“新しい”家政婦。

博士は“初対面”の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。

数字が博士の言葉だった。

やがて私の10歳の息子が加わり、

ぎこちない日々は驚きと歓びに満ちたものに変わった。

あまりに悲しく暖かい、奇跡の愛の物語。

第1回本屋大賞受賞。

【引用終わり】

 

数学者というのは、どういう存在なのかが

描かれている作品です。

数学博士の信念(faith)というものが

科学(Science)と深く結びついていること。

それは、世俗社会になじまない面を持つこと、

そんなことを読んでいけたらと思います。

お申し込みは、以下からお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

課題図書

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ