10/25(日) ドストエフスキーの『罪と罰』の読書会を行います。(終了しました。音声あり)

この記事は1分で読めます

ドストエフスキーの『罪と罰』の読書会のもようです。

新約聖書・ヨハネ福音書11章の『ラザロの復活』と

キルケゴールの『死に至る病』の緒論の説明して、

ラスコーリニコフとスヴィドリガイロフの関係を解説しました。

(以下、旧告知文)

2015/10/25(日)に

「ドストエフスキーの『罪と罰』を精読する読書会」

を行います。

日時:2015年10月25日(日) 19時~21時頃まで

場所:長野市 もんぜんぷら座 会議室 303

地図はコチラです。

(参加費無料、要申し込み)

 

 

あらすじは、ざっくりいうと、

貧乏で頭脳明晰で、ナポレオンに憧れる大学生、

ラスコーリニコフが、高利貸しの婆さんを斧で殺して、

警察から逃げまわるというクライム・サスペンスです。

 

世界文学の名作なので、この機会に是非一緒に読んでみましょう。

 

音声解説もしています。

 

 

人物一覧などは、こちらをご参照ください。

レジュメはこちら

前回の読書会の音声です。

ロシア語版はこちら

 

お申し込みは以下フォームよりお願いします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ