4/4(土)長野市にて深沢七郎の『楢山節考』の読書会を行います。(終了しました。音声有り)

この記事は2分で読めます

2015.4.4に行った『楢山節考』の読書会のもようを録音してきましたので

よかったら聴いてみてください。

 

 

歌が、掟を暗示している。

「村の掟」が、ある日、「神の掟」になっていくという点について

解説しました。

 

スカイプでの読書会でも、とりあげたので

こちらもご参考ください。

 

 

(以下、旧告知文)

 

 

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら)

長野市にて、「深沢七郎の『楢山節考』を精読する読書会」

を開催します。

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:4月4日(土) 15時~ 2時間程度

場所:もんぜんぷら座 会議室 701

地図はコチラです。

定員 5名程度

参加要件 深沢七郎の楢山節考』を読んできてください。

当日本をご持参ください。

参加費/無料

司会進行は私がすすめます。

 

【新潮文庫ウラ表紙より引用はじめ】

「お姥(んば)捨てるか裏山へ 裏じゃ蟹でも這って来る」

雪の楢山へ欣然と死に赴く老母おりんを、

孝行息子辰平は胸のはりさける思いで背板に乗せて捨てにゆく。

残酷であってもそれは貧しい部落の掟なのだ――因習に閉ざされた棄老伝説を、

近代的な小説にまで昇華させた「楢山節考」。

【引用終わり】

 

小説を読解しながら、読書会で意見を交換したいと思います。

 

 

お申込み、お問い合せは、下記フォームよりお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ