2/21(土)長野市にて夏目漱石の『道草』を精読する読書会を開催します。

この記事は2分で読めます

2015.2.21に開催した、夏目漱石の『道草』の読書会を、長野市で行いました。

その様子を録音してきたので暇だったら聴いてください。

当日使ったレジュメはこちらです。

(以下、旧告知文です。)

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら

月一回は、夏目漱石の作品を課題図書にしたいので

『道草』を精読する読書会

を開催します。

 

漱石の作品の中では、自然主義の影響が強い作品だと言われています。

しかしながら、日本の自然主義というのが、

これがめちゃめちゃな解釈で輸入されていまして

自然主義=写実主義という誤解がまかりとおっています。

 

これは全くの誤解です。

 

自然主義は、フローベール・モーパッサン・ゾラの作品を読めば

わかるのですが、社会構造をありのままに書くという

サイエンスの一種です。単なる写実ではなくて

キリスト教に対する明確なアンチテーゼであり、

非宗教の共和制へのコミットメントです。

 

ここがわかっていないと、自然主義=写実主義になってしまいます。

 

しかし、写実主義は、それを貫けば、これは政治問題になります。

 

でもなっていません。今後もならないでしょう。

それが日本という国なのです。

日本においては、写実主義すらいまだに、現実化していません。

写実主義は、そのまま、ギリシア哲学につながる問題圏にある話です。

自然と人為、ピュシスとノモスの対立こそ自然主義です。

それはやはり、日本人にはなかなか理解できないものです。

漱石は、自然主義を嫌っていましたし、モーパッサンも読んで、小説の余白に

『モーパッサンは、バカである』とメモして批判しています。

 

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:2015年2月21日(土) 16時~18時頃まで

場所:長野市 もんぜんぷら座 会議室701

地図はコチラです。

定員 7名

参加要件

できれば、『道草』を読んできてください。

当日、本をご持参下さい。

青空文庫はこちら

参加したいが、うまくしゃべれないので気後れするという方は

見学も受け付けています。

見学希望とお伝えの上で、参加してください。

見学の場合は必ずしも、全部読んでこなくても結構です。

 

 

参加費   無料

 

司会進行は私がすすめます。

初めての方でも安心して参加できるように、

私がしゃべりまくるので、見学だけでもどうぞ。

 

 

 

【新潮文庫『道草』ウラ表紙より引用はじめ】

海外留学から帰って大学の教師になった健三は、

長い時間をかけて完成する目的で一大著作に取りかかっている。

その彼の前に、十五、六年前に縁が切れたはずの養父島田が現われ、

金をせびる。養父ばかりか、姉や兄、事業に失敗した妻お住の父までが、

健三にまつわりつき、金銭問題で悩ませる。

その上、夫婦はお互いを理解できずに暮している毎日。

近代知識人の苦悩を描く漱石の自伝的小説。

 

【引用終わり】

作品に取り上げられていて、読み流してしまう部分を

丹念に読み込むことができればと思います。

 

お申し込みは、以下からお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ