8/15(土) 百田尚樹の『永遠の0』の読書会を行います。(終了しました。音声有り)

この記事は2分で読めます

2015.8.15に行った百田尚樹さんの『永遠の0』の読書会のもようです。

太平洋戦争の末期に行われた神風特攻作戦とは何だったのかを

宮部久蔵という人物を通して描いています。

様々な人物の証言から、人物像に迫るという

ノンフィクションの構成がとられていまずが、

ストーリーも歴史の説明もバランスよく配分されているので

エンターテイメント小説として読みやすいです。

(以下旧告知文)

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら)

8/15(土)に長野市にて、「百田尚樹さんの『永遠の0』を精読する読書会」

を開催します。

 

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時 8月15日(土) 15時~17時頃まで

場所:もんぜんぷら座 会議室 701

地図はコチラです。

定員 7名程度

参加要件 『永遠の0』(講談社文庫)を読んできてください。

当日本をご持参ください。


 

参加費/無料

司会進行は私がすすめます。

初めて参加される方にも、気後れしないように、

私がしゃべりまくるので、

様子見でも結構です。お気軽に参加ください。

 

【内容紹介引用はじめ】

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。

そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。

終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。

天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、

1つの謎が浮かんでくるーー。

記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

【引用終わり】

 

参加者さんからのリクエストです。

映画版もこの前テレビでやってました。

 


 

 

 

お申込み、お問い合せは、下記フォームよりお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ