8/29(土) 筒井康隆の『旅のラゴス』読書会を開催します。(終了しました。音声有り)

この記事は2分で読めます

2015.8.29に行った筒井康隆さんの『旅のラゴス』の読書会のもようです。

ギリシア哲学との関係で作品の特徴をお話しました。

(以下、旧告知文)

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら

筒井康隆さんの『旅のラゴス』を精読する読書会

を開催します。

 

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:2015年8月29日(土) 16時~18時頃まで

場所:長野市 もんぜんぷら座 会議室601

地図はコチラです。

定員 7名

参加要件

筒井康隆 『旅のラゴス』 新潮文庫

を読んできてください。

当日、本をご持参下さい。

 

参加したいが、うまくしゃべれないので気後れするという方は

見学も受け付けています。

見学希望とお伝えの上で、参加してください。

見学の場合は必ずしも、全部読んでこなくても結構です。

 

 

参加費   無料

 

司会進行は私がすすめます。

初めての方でも安心して参加できるように、

私がしゃべりまくるので、見学だけでもどうぞ。

 

 

 

【内容紹介はじめ】

北から南へ、そして南から北へ。

突然高度な文明を失った代償として、

人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、

ひたすら旅を続ける男ラゴス。

集団転移、壁抜けなどの体験を繰り返し、

二度も奴隷の身に落とされながら、

生涯をかけて旅をするラゴスの目的は何か?

異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界に

人間の一生と文明の消長をかっちりと構築した

爽快な連作長編。

【引用終わり】

 

お申し込みは、以下からお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ