4/25(土)長野市にて三浦しをんの『舟を編む』の読書会を行います。(終了しました。音声有り)

この記事は2分で読めます

2015.4.25に行った

三浦しをんの『舟を編む』の読書会のもようを

録音してきましたので、よかったらお楽しみください。

当日つかったレジュメはコチラです。

(以下 旧告知文)

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら)

長野市にて、「三浦しをんさんの『舟を編む』を精読する読書会」

を開催します。

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:4月25日(土) 15時~ 2時間程度

場所:もんぜんぷら座 会議室 304

地図はコチラです。

定員 7名程度

参加要件 三浦しをんの『舟を編む』(光文社文庫)を読んできてください。

当日本をご持参ください。

 

参加費/無料

司会進行は私がすすめます。

初めて参加される方にも、気後れしないように、

私がしゃべりまくるので、

様子見でも結構です。お気軽に参加ください。

 

【内容紹介 引用はじめ】

 

玄武書房に勤める馬締光也は営業部では

変人として持て余されていたが、

新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。

個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。

言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。

しかし、問題が山積みの辞書編集部。

果たして『大渡海』は完成するのか──。

言葉への敬意、不完全な人間たちへの愛おしさを

謳いあげる三浦しをんの最新長編小説。

 

【引用終わり】

 

 

映画にもなっています。

お申込み、お問い合せは、下記フォームよりおねがいします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ