アリストテレスの『政治学』について

この記事は1分で読めます

古代ギリシアの哲学者であるアリストテレスの

『政治学』について解説しました。

(牛田徳子さんの翻訳は非常に読みやすいです)

アリストテレスというのは、実は、危険な哲学者で

(主人に徳があれば、奴隷制はよい制度だ)というような

現代の人権意識からは糾弾されるべき考え方をしています。

一庶民の立場から読むと、反感をおぼえるのですが、

現実の政治は、アリストテレスの『政治学』を

踏まえて、考えたほうが、わかりやすいような気がします。

『人間は自然によって国家的動物である』

このことを私なりに簡単に解説しました。

アリストテレスの『自然法』に関しても

動画で講義しました。

(iPhoneで撮影したので音が悪いです、すみません。

別撮りした音声バージョンはこちら。)

記事はこちらをご参照ください。

役に立ったらにポチッとご協力お願いします!!

にほんブログ村 本ブログ 読書会・読書法へ

スカイプ読書会のご案内

Facebookページ「スカイプ読書会」

YouTubeチャンネル「スカイプ読書会」

読書メーターにも参加しています

スカイプ読書会の課題図書一覧

sponsered link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ