ニーチェの『ツァラトゥストラはこう言った』 身体の軽蔑者

この記事は1分で読めます

ニーチェは、カント哲学をキリスト教のデカダンスの一形態として批判します。

また、民主政をキリスト教の世俗化として批判します。

カント哲学への批判を語るツァラトゥストラは

『神の国』に最も近い『幼な子』こそが

理性的存在者だと、捉えています。

そうすると、いったい、この俗世に、『幼な子』が存在しうるのでしょうか?

人間は身体を持つ限り、欲望から逃れられません。

欲望を否定し、理性を重視することは、身体の軽蔑にほかなりません。

身体の軽蔑者こそが、カント哲学を辛抱する人々です。

永遠平和のために、いま、この俗世に生きていることを軽蔑する者。

それがカントです。

理性を説き、身体を軽蔑したカントに向かって

ニーチェは、「あなたは超人への橋ではない」と告げます。

にほんブログ村 本ブログ 読書会・読書法へ

スカイプ読書会のご案内

メルマガ登録はこちら

Facebookページ「スカイプ読書会」

YouTubeチャンネル「スカイプ読書会」

読書メーターにも参加しています

スカイプ読書会の課題図書一覧

sponsered link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ