トルストイ『ろうそく』読書会のもよう(2018 4 20)

  • トルストイ『ろうそく』読書会のもよう(2018 4 20) はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

2018.4.20に行った、トルストイ『ろうそく』読書会です。

メルマガ読者さんの感想文はこちら。

私も書きました。

「智慧の完成形」

『人はなんで生きるか?』では、落ちてきた天使、ミハエルが、長靴を注文しにきたお金持ちの大男見て、《一年先のことまで用意しているが、この夕方までも生きていられないことは知らないのだ》と気づいた。そして、神の『人間に与えられていないものは何か?』という質問の答えに思い至った。

『ろうそく』の荘園管理人の名前は、ミハエル・セミョーヌイチ。まるで、ミハエルが、天国に帰れず、セミョーンの家で養子になったような名前だ。

 

 

人間には、自分の肉体のためになくてはならないものを知ることが、与えられていないのです。

Не дано людям знать , чего им для своего тела нужно.

『人はなんで生きるか?』岩波文庫 P.50

 

 

「ろうそく」とはなにか? これもやはり、人間の肉体になくてはならないだが、知ることが与えられていないものだ。

管理人は、元天使だ。人がなんで生きるかを悟らずに、そのまま人間になってしまった。

その彼が、人間の知恵の及ばないものに、ようやく気がついたのである。

 

長靴を注文した大男は、「ろうそく」に気づかなかったので、あっけなく、死んでしまった。管理人は、会得したものがあったので、罪の重さを自覚し、ふさぎ込んで死んでいった。

 

本来なら、この管理人は、天使として、天井を突き破る火柱とともに、神のもとに帰るはずだが、もう、手遅れだった。すでに、彼は、天使ではなく、どこまでも人間だったから、どこまでも普通の人間として死んだのである。

 

人間に与えられていないものは、智慧の完成形だ。それは実体ではない。般若心経の『般若波羅蜜多』とは、人間に与えられていない智慧の完成形を、表しているそうだ。

 

 

「ろうそく」に何も灯らなければ、この世は無明である。

 

餓鬼道であり、畜生道である。

 

人が人を傷つけ、殺し合い、共食いする苦の娑婆だ。

 

娑婆とは別の次元には、智慧の完成形としてのろうそくの灯りがある。信じなければ見えない。

 

実体のないものを信じるのが、智慧の実践段階である。

 

(おわり)

読書会の模様です。

 

ツイキャス読書会の予定

YouTubeチャンネル「信州読書会」

メルマガで限定音声配信しています!!

Twitter「信州読書会」

Facebookページ「信州読書会」

ご支援はこちら

 

  • 2018 05.10
  • トルストイ『ろうそく』読書会のもよう(2018 4 20) はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ