5/2(土)長野市にて G・ガルシア=マルケスの『予告された殺人の記録』の読書会を行います。(終了しました。音声有り)

この記事は2分で読めます

2015.5.2に行ったノーベル賞作家 G・ガルシア=マルケスの

『予告された殺人の記録』の読書会のもようを

録音してきましたので、よかったら聴いてください。

<iframe src=”https://www.youtube.com/embed/Ax9tfKEoCWI” width=”459″ height=”344″ frameborder=”0″ allowfullscreen=”allowfullscreen”></iframe>

<iframe style=”width: 120px; height: 240px;” src=”http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=sphinx01-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4102052119&amp;ref=qf_sp_asin_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr” width=”300″ height=”150″ frameborder=”0″ marginwidth=”0″ marginheight=”0″ scrolling=”no”></iframe>

 

(以下、旧告知文)

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら)

長野市にて、「G・ガルシア=マルケスの『予告された殺人の記録』を精読する読書会」

を開催します。

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:5月2日(土) 15時~ 2時間程度

場所:もんぜんぷら座 会議室 701

地図はコチラです。

定員 7名程度

参加要件 G・ガルシア=マルケスの『予告された殺人の記録』(新潮文庫)を読んできてください。

当日本をご持参ください。

 

参加費/無料

司会進行は私がすすめます。

初めて参加される方にも、気後れしないように、

私がしゃべりまくるので、

様子見でも結構です。お気軽に参加ください。

 

【内容紹介 引用はじめ】

 

町をあげての婚礼騒ぎの翌朝、

充分すぎる犯行予告にもかかわらず、

なぜ彼は滅多切りにされねばならなかったのか?

閉鎖的な田舎町でほぼ三十年前に起きた、

幻想とも見紛う殺人事件。

凝縮されたその時空間に、差別や妬み、

憎悪といった民衆感情、

崩壊寸前の共同体のメカニズムを複眼的に捉えつつ、

モザイクの如く入り組んだ過去の重層を、

哀しみと滑稽、郷愁をこめて録す、熟成の中篇。

 

【引用終わり】

お申込み、お問い合せは、下記フォームよりおねがいします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ