3/21(土)に長野市で安岡章太郎の『海辺の光景』を精読する読書会を行います。(終了しました。音声有り)

この記事は2分で読めます

2015.3.21に安岡章太郎さんの『海辺(かいへん)の光景』の

読書会を行いました。

還暦まじかに老人痴呆症を患った母親を

精神病院で看取る息子の9日間を描いた

切ない作品です。

読書会のもようを録音してきたので、よかったら聴いて下さい。

当日使ったレジュメはこちら

 

(以下、旧告知文)

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら

月に1度は第三の新人の作品を取り上げる企画として

安岡章太郎の『海辺(かいへん)の光景』を精読する読書会を行います。

戦後の日本社会で、家族の関係の変化が

母親の精神崩壊を通して語られる

切ない作品になっています。

 

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:2015/3/21(土) 17時~19時頃まで

場所:もんぜんぷら座 会議室 701

地図はコチラです。

定員 7名

参加要件

課題図書を読んできてください。

当日本をご持参ください。

参加費/無料

 

司会進行は私がすすめます。

初めて参加される方にも、気後れしないように、

私がしゃべりまくるので、

様子見でも結構です。お気軽に参加ください。

 

【新潮文庫ウラ表紙より引用はじめ】

不思議なほど父を嫌っていた母は、

死の床で「おとうさん」とかすれかかる声で云った──。

精神を病み、海辺の病院に一年前から入院している母を、

信太郎は父と見舞う。医者や看護人の対応にとまどいながら、

息詰まる病室で九日間を過ごす。

戦後の窮乏生活における思い出と母の死を、

虚無的な心象風景に重ね合わせ、

戦後最高の文学的達成といわれる表題作ほか全七編の小説集。

【引用終わり】

 

 

お申込み、お問い合せは、下記フォームよりお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ