6/27(土)島尾敏雄の『魚雷艇学生』の読書会を行います。(終了しました。音声有り)

この記事は2分で読めます

2015.6.27に行った

島尾敏雄 『魚雷艇学生』 読書会のもようを

録音しました。

普通の学生が、1年ちょっとで魚雷艇特攻部隊の

特攻隊長になって

200名近くの特攻部隊を指揮するという

太平洋戦争の実話を元にした小説です。

(以下旧告知文)

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら)

6/27(土)に

島尾敏雄の『魚雷艇学生』を精読する読書会を行います。

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

日時:6/27(土)15時~17時頃まで

場所:もんぜんぷら座 会議室 701

地図はコチラです。

定員 7名

参加要件 島尾敏雄の『魚雷艇学生』(新潮文庫)を読んできてください。

書店になければ図書館で借りてみてください。

 

参加費/無料

司会進行は私がすすめます。

初めて参加される方にも、気後れしないように、

私がしゃべりまくるので、

様子見でも結構です。お気軽に参加ください。

 

 

【amazonの内容紹介】

予備学生として魚雷艇の訓練を受け、

のちに特攻志願が許されて震洋艇乗務に転じ、

第十八震洋特攻隊の指揮官として

百八十余名の部下を引き連れ、

奄美諸島加計呂麻島の基地に向かう。

確実に死が予定されている特攻隊から

奇跡の生還をとげた著者が、

悪夢のような苛烈な体験をもとに、

軍隊内部の極限状況を緊迫した筆に描く。

野間文芸賞、川端康成文学賞を受賞した戦争文学の名作。

【引用終わり】

 

普通の草食系男子(?)が、軍隊に入って、やがて

人間魚雷として特攻作戦に否応無しに参加させられる経緯が

著者の実体験を元に描かれています。

 

戦争文学の辛気臭さを予想しますが

他人ごとのような客観性をもって

人間魚雷にさせられていく様子が、非常にユーモラスです。

 

戦争の不条理が、稠密な文体で切々と綴られていて

文学として味わい深いので、これを機会にぜひ読んでほしいです。

お申込み、お問い合せは、下記フォームよりお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

課題図書

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ