11/14(土) 島尾敏雄の『死の棘』読書会を行います。(終了しました。音声あり)

この記事は2分で読めます

2015.11.14に行った島尾敏雄の『死の棘』読書会のもようです。

(以下旧告知文)

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら

島尾敏雄の『死の棘』を精読する読書会

を開催します。

 

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:2015年11月14日(土) 16時~18時頃まで

場所:長野市 もんぜんぷら座 会議室 304

地図はコチラです。

定員 7名

参加要件

島尾敏雄の『死の棘』(新潮文庫)を読んできてください。

当日、本をご持参下さい。

 

参加したいが、うまくしゃべれないので気後れするという方は

見学も受け付けています。

見学希望とお伝えの上で、参加してください。

見学の場合は必ずしも、全部読んでこなくても結構です。

 

 

参加費   無料

 

司会進行は私がすすめます。

初めての方でも安心して参加できるように、

私がしゃべりまくるので、見学だけでもどうぞ。

 

 

【新潮文庫『死の棘』ウラ表紙より引用はじめ】

思いやりの深かった妻が、

夫の「情事」のために突然神経に異常を来たした。

狂気のとりことなって憑かれたように

夫の過去をあばきたてる妻、ひたすら詫び、

許しを求める夫。

日常の平穏な刻は止まり、現実は砕け散る。

狂乱の果てに妻はどこへ行くのか?

―ぎりぎりまで追いつめられた夫と妻の姿を生々しく描き、

夫婦の絆とは何か、

愛とは何かを底の底まで見据えた凄絶な人間記録。

 

【引用終わり】

お申し込みは、以下からお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

課題図書

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ