G・ガルシア=マルケス『百年の孤独』読書会のもよう

この記事は1分で読めます

2016.3.19に行った、『百年の孤独』の読書会のもようです。

コロンビアの部族社会が、アメリカの帝国主義に飲み込まれていくさまを、幻想文学の意匠で描くています。双子のセグントのいた三世代目はユナイテッド・フルーツ社とコロンビア保守政権によるバナナ労働者虐殺事件(The Banana massacre)の暗い歴史を背景としています。また、四代目のPope見習いをウスルラが支援する権威主義など、カトリックへの皮肉も効いています。欧米以外での近代化がいかに難しいかが、アマランタ・ウルスとがアウレリャノ・バビロニアが近親姦で結ばれる事実に如実に現れていました。


役に立ったらにポチッとご協力お願いします!!

にほんブログ村 本ブログ 読書会・読書法へ

メルマガで限定音声配信中

個別講座のご案内

読書会を主催したい方へ

Facebookページ「信州読書会」

YouTubeチャンネル「信州読書会」

読書メーターにも参加しています

信州読書会の課題図書一覧

sponsered link



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ