ナサニエル・ホーソーンの『緋文字』読書会のもよう

この記事は1分で読めます

ナサニエル・ホーソーンの『緋文字』読書会のもようです。

アメリカの建国神話であるピルグリム・ファーザースの自己欺瞞を描いた小説です。

マサチューセッツ総督のジョン=ウィンスロップが

いかにイギリス本国人に反逆し、株主を追放し

ピューリタニズムによる、ある種の神権政治による

我田引水の植民地統治を行ったかが、ほのめかされています。

(特にアイザック・ジョンソンの遺産問題)

これは、重要なアメリカ文学の古典です。

ウィンスロップがの唱えた

『丘の上の町 City upon a Hill』(マタイ福音書の第五章由来)の自己欺瞞。

それがいかに、現在のワシントン(Capitol Hill)の権力政治の温床となったかが

暴かれています。

文学者の反骨精神にみちた気合の入った著作です。

役に立ったらにポチッとご協力お願いします!!

にほんブログ村 本ブログ 読書会・読書法へ

メルマガで限定音声配信中

個別講座のご案内

読書会を主催したい方へ

Facebookページ「信州読書会」

YouTubeチャンネル「信州読書会」

読書メーターにも参加しています

信州読書会の課題図書一覧

sponsered link



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

課題図書

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ