10/10(土)に長野市で夏目漱石の『行人』を精読する読書会を行います。

この記事は1分で読めます

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら

夏目漱石の『行人』を精読する読書会を行います。

 

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:2015/10/10(土) 16時~18時頃まで

場所:もんぜんぷら座 会議室 304

地図はコチラです。

定員 7名

参加要件 読めるところまででいいので
夏目漱石の『行人』を読んできてください。
当日本をご持参ください。

参加費/無料

 

司会進行は私がすすめます。

初めて参加される方にも、気後れしないように、

私がしゃべりまくるので、

様子見でも結構です。お気軽に参加ください。

 

【新潮文庫ウラ表紙より引用はじめ】

学問だけを生きがいとしている一郎は、

妻に理解されないばかりでなく

両親や親族からも敬遠されている。

孤独に苦しみながらも、

我を棄てることができない彼は、

妻を愛しながらも、妻を信じることができず、

弟・二郎に対する妻の愛情を疑い、

弟に自分の妻とひと晩よそで泊まってくれとまで頼む…。

「他の心」をつかめなくなった人間の

寂寞とした姿を追究して『こころ』につながる作品。

【引用終わり】

 

 

一郎と二郎の関係について、いろいろと疑問があると思いますので、

小説を読解しながら、読書会で意見を交換したいと思います。

 

お申込み、お問い合せは、下記フォームよりお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ