7/31(金)サン=テグジュペリの『星の王子さま』の読書会を行います。(終了しました。音声あり)

この記事は2分で読めます

2015.7.31に行った
サン=テグジュペリの『星の王子さま』読書会のもようです。

「なつかせる」「絆をむすぶ」というキーワードについて

いろいろな感想が出ました。

(以下、旧告知文)

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら)

長野市にて、「サン=テグジュペリの『星の王子さま』を精読する読書会」

を開催します。

8/1(土)は、びんずるという長野市の祭り開催されまして、

会場周辺が『びんずる 浴衣の女王コンテスト』などで、

賑わってしまうので

前日の7/31(金)に開催することにしました。

 

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:7月31日(金) 19時~21時頃まで

場所:もんぜんぷら座 会議室 801

地図はコチラです。

定員 7名程度

参加要件 『星の王子さま』(新潮文庫 他)を読んできてください。

当日本をご持参ください。

参加費/無料

司会進行は私がすすめます。

初めて参加される方にも、気後れしないように、

私がしゃべりまくるので、

様子見でも結構です。お気軽に参加ください。

 

 

【新潮文庫 内容紹介引用はじめ】

砂漠に飛行機で不時着した「僕」が出会った男の子。

それは、小さな小さな自分の星を後にして、

いくつもの星をめぐってから七番目の星・地球に

たどり着いた王子さまだった…。

一度読んだら必ず宝物にしたくなる、

この宝石のような物語は、刊行後六十年以上たった今も、

世界中でみんなの心をつかんで離さない。

最も愛らしく毅然とした王子さまを、

優しい日本語でよみがえらせた、新訳。

【引用終わり】

 

L’essentiel est invisible pour les yeux.

『いちばんたいせつなことは、目には見えない』

かけがえのない人との絆は、つねには目の前にあるけど、見ようとしない。

不思議なことに、みんな大切な絆から、できれば逃げたいと思って暮らしている。

バラをありふれたバラだと思っていた星の王子さまのように・・・・・・。

 

みんな、ありふれた人とのありふれた関係を粗末に扱っている。

そういうことを反省させる作品です。

 

童話と思うなかれ、立派な哲学書です。

賞味2時間位で読めます。

新潮文庫版はイラストが豊富なのでお薦めです。

 

お申込み、お問い合せは、下記フォームよりお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

課題図書

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ