4/18(土)長野市にてカミュの『異邦人』の読書会を行います。

この記事は2分で読めます

アルベール・カミュの『異邦人』の読書会のもようを

録音してきましたので、よかったらお楽しみください。

当日つかったレジュメはコチラです。

 

 

 

以前に精読したコンテンツです。

 

 

(以下、旧告知文)

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら)

長野市にて、「アルベール・カミュの『異邦人』を精読する読書会」

を開催します。

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:4月18日(土) 15時~ 2時間程度

場所:もんぜんぷら座 会議室 701

地図はコチラです。

定員 5名程度

参加要件 アルベール・カミュの『異邦人』(新潮文庫)を読んできてください。

当日本をご持参ください。

 

参加費/無料

司会進行は私がすすめます。

初めて参加される方にも、気後れしないように、

私がしゃべりまくるので、

様子見でも結構です。お気軽に参加ください。

 

【新潮文庫ウラ表紙より引用はじめ】

 

母の死の翌日海水浴に行き、女と関係を結び、

映画をみて笑いころげ、友人の女出入りに関係して人を殺害し、

動機について「太陽のせい」と答える。

判決は死刑であったが、自分は幸福であると確信し、

処刑の日に大勢の見物人が憎悪の叫びをあげて迎えてくれることだけを望む。

通常の論理的な一貫性が失われている男ムルソーを主人公に、

理性や人間性の不合理を追求したカミュの代表作。

 

【引用終わり】

 

 

◯なぜ、ムルソーは、死刑判決になったのか?

◯なぜ、ムルソーはマリイを愛していないのか?

◯なぜ、ムルソーは、母の死を悲しまないのか?

◯なぜ、ムルソーは、カトリックを信仰しないのか?

 

などなど、いろいろ疑問に思うことがあると思いますので、

小説を読解しながら、読書会で意見を交換したいと思います。

 

この小説は、新潮文庫の夏の百選とか、高校生が読みたい小説とかで

カフカの『変身』と並んで、薦められています。

 

多くの方が、あらすじくらいは知っている有名な作品ですが、

これは、キリスト教(カソリック)についての小説なので、

日本人には、理解できない部分がたくさんあります。

ムルソーは、単にエキセントリックで、ニヒルな青年なのではありません。

確信を持って、死刑判決を受け止めているということは

彼には、日本人には理解しがたい、思想信条があるのです。

 

人間としては愛すべきところのあるムルソーが

なぜ、アラブ人を1人殺して、死刑になるのか、

どうして情状酌量の余地がないのか、全部、理由があります。

 

精読することで、欧米人と日本人の宗教意識の違いが、

はっ!!っとわかる、強烈な体験をできると思います。

お楽しみに!!

 

 

お申込み、お問い合せは、下記フォームよりおねがいします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ