ニーチェの『ツァラトゥストラはこう言った』 新しい偶像

この記事は1分で読めます

国家のおわるところ、そこにはじめて人間が始まる。

余計な人間ではない人間が始まる。

必要な人間の歌が始まる。

一回かぎりの、かけがえのない歌が始まる。

国家の終わるところ、

そのとき、かなたを見るがいい、わが兄弟たちよ

あなたがたの眼にうつるもの、あの虹、あの超人への橋。

ツァラトゥストラが、国家について語ります。

国家は常に、善悪に関して嘘を語るが、

民族は、善悪について自らの言葉を持っている。

その理由を解説しました。

にほんブログ村 本ブログ 読書会・読書法へ

スカイプ読書会のご案内

メルマガ登録はこちら

Facebookページ「スカイプ読書会」

YouTubeチャンネル「スカイプ読書会」

読書メーターにも参加しています

スカイプ読書会の課題図書一覧

sponsered link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ