カントの『道徳形而上学原論』を精読する その17

この記事は1分で読めます

通俗的な道徳哲学と、道徳形而上学の違いについてお話しました。

通俗的な形而上学は、理性のない人も含めた道徳を考えます。

殺人現場で、テレビカメラの後ろでピースする人とか、

犯行現場で、血だらけで倒れている人を、カメラで撮影するような人。

こういうのは、理性がない人ということで、道徳哲学の対象から外す。

これが、道徳形而上学です。

理性のある人(理性的存在者)だけを抽象して、道徳を考える。

こういう抽象化を行わないと、道徳の法則がなんなのか説明できないというのが

カントの考え方です。

ただ、そういう理性が、本当にこの世に存在するのかという批判もあります。

カントの哲学は、理性のある人だけを対象とした哲学です。

それが、道徳形而上学なのです。

すべての人を対象とした道徳は、学校の倫理道徳教育です。

これは重要な認識です。

にほんブログ村 本ブログ 読書会・読書法へ

スカイプ読書会のご案内

メルマガ登録はこちら

Facebookページ「スカイプ読書会」

YouTubeチャンネル「スカイプ読書会」

読書メーターにも参加しています

スカイプ読書会の課題図書一覧

sponsered link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ