9/5(土) 又吉直樹の芥川賞作品『火花』の読書会を開催します。(終了しました。音声あり)

この記事は2分で読めます

2015.9.5に行った又吉直樹さんの芥川受賞作『火花』の

読書会を行いました。

スパークス(「火花」の意味)という漫才コンビを組んでいる徳永と

あほんだら というコンビを組んでいる神谷という

二人の芸人の師弟の描いた物語です。

(以下、旧告知文)

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら

又吉直樹の芥川賞作品『火花』を精読する読書会

を開催します。

 

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:2015年9月5日(土) 16時~18時頃まで

場所:長野市 もんぜんぷら座 会議室 303

地図はコチラです。

定員 7名

参加要件

課題図書 又吉直樹 『火花』 文藝春秋9月号 文藝春秋刊

を読んできてください。

当日、本をご持参下さい。

 

参加したいが、うまくしゃべれないので気後れするという方は

見学も受け付けています。

見学希望とお伝えの上で、参加してください。

見学の場合は必ずしも、全部読んでこなくても結構です。

 

 

参加費   無料

 

司会進行は私がすすめます。

初めての方でも安心して参加できるように、

私がしゃべりまくるので、見学だけでもどうぞ。

 

 

 

【内容紹介はじめ】

北から南へ、そして南から北へ。

お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、

彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、

それぞれの道を歩んでいる。

神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。

彼らの人生はどう変転していくのか。

人間存在の根本を見つめた

真摯な筆致が感動を呼ぶ!

【引用終わり】

 

お申し込みは、以下からお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ