6/20(土)カート・ヴォネガット・ジュニアの『タイタンの妖女』の読書会を行います。(終了しました。音声有り)

この記事は2分で読めます

2015.6.20におこなったカート・ヴォネガット・ジュニア 『タイタンの妖女』

の読書会もようを録音しました。

(以下旧告知文)

こんにちは、宮澤です。

(自己紹介はこちら)

長野市にて、「カート・ヴォネガット・ジュニアの『タイタンの妖女』を精読する読書会」

を開催します。

下記の日程で行います。

ふるってご参加ください。

 

日時:6月20日(土) 15時~17時頃まで

場所:もんぜんぷら座 会議室 701

地図はコチラです。

定員 7名程度

参加要件 『タイタンの妖女』(ハヤカワ文庫)を読んできてください。

当日本をご持参ください。

参加費/無料

司会進行は私がすすめます。

初めて参加される方にも、気後れしないように、

私がしゃべりまくるので、

様子見でも結構です。お気軽に参加ください。

 

 

【内容紹介引用はじめ】

時空を超えたあらゆる時と場所に波動現象として存在する、

ウィンストン・ナイルズ・ラムファードは、

神のような力を使って、さまざまな計画を実行し、人類を導いていた。

その計画で操られる最大の受難者が、

全米一の大富豪マラカイ・コンスタントだった。

富も記憶も奪われ、地球から火星、水星へと

太陽系を流浪させられるコンスタントの行く末と、

人類の究極の運命とは?

巨匠がシニカルかつユーモラスに描いた感動作。

【引用終わり】

 

村上春樹さんや、爆笑問題の太田光さんが絶賛している作品です。

ウィンストン・ナイルズ・ラムファードは、

第二次大戦中のアメリカの大統領であった

フランクリン・ルーズベルトがモデルになっています。

マカライ・コンスタントは、ダグラス・マッカーサーでしょうか?

人間を好戦的にする教育を、ニューディール政策、

地球と火星との戦いを、太平洋戦争、

ラムファードが戦争の後に布教した

新興宗教を、アメリカのデモクラシーや人道的介入政策

などなど、とらえると、非常に皮肉の効いた作品です。

オーディオブックはこちら

原書テキストはこちら

 

ラムファードのモデルとなった

フランクリン・ルーズベルトの日本への宣戦布告放送。

 

 

 

お申込み、お問い合せは、下記フォームよりお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

課題図書

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ