『陽だまりの彼女』の読書会の模様

この記事は1分で読めます

『陽だまりの彼女』の読書会の模様をお送りします。

初読の感想はキルケゴールの哲学との関係で話しました。

読書会をやって、参加者の方とお話してわかったのは

思ったのは、パートナーとの思い出は

当人同士だけの思い出なので、誰とも共有できないということでした。

私たちに来ている世界の人間関係は

二人だけのものです。

それがどんなに幸せでも、どんな憎しみでも。

人間関係は、一人ひとりとの関係の積み重ねです。

二人の間の関係は、二人だけで完結していて

第三者に理解してもらえる余地がないことがわかりました。

大切なことを学びました。

役に立ったらにポチッとご協力お願いします!!

にほんブログ村 本ブログ 読書会・読書法へ

スカイプ読書会のご案内

Facebookページ「スカイプ読書会」

YouTubeチャンネル「スカイプ読書会」

読書メーターにも参加しています

スカイプ読書会の課題図書一覧

sponsered link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ