作曲家・吉田正のシベリア抑留体験について

この記事は1分で読めます

2014年8月17日にNHKで放送された

NHKスペシャル『いつでも夢を ~作曲家・吉田正の”戦争”~』の

感想をお話しました。

吉田正先生は、橋幸夫と吉永小百合の歌った『いつでも夢を』

鶴田浩二の『傷だらけの人生』

フランク永井の『有楽町で逢いましょう』などで

有名な作曲家です。

シベリアに3年抑留されていたそうです。

吉田正先生の抑留時代を知る戦友のインタビューが

たくさんあり、見応えのある特番でした。

また、忘れ去られてきたシベリア抑留の苛酷な現実を

私が読んだ文学作品から解説しています。

※2014年8月27日(水)午前2時15分~3時04分(26日深夜)再放送予定です。

役に立ったらにポチッとご協力お願いします!!

にほんブログ村 本ブログ 読書会・読書法へ

スカイプ読書会のご案内

Facebookページ「スカイプ読書会」

YouTubeチャンネル「スカイプ読書会」

読書メーターにも参加しています

スカイプ読書会の課題図書一覧

sponsered link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ