タグ:ゾシマ

  1. 『生ける神のみ手のうちに落ちるのは、恐ろしいことである』 『ヘブル人への手紙』第十章第三十一節 出家したばかりの若き日のゾシマのもとに、慈善家が訪れる。 彼には秘密があった。14年前に令嬢に恋して、嫉妬から…

  2. ゾシマは『神の国』は近いと信じている。 世界中の人間の犯した罪のためにゾシマは跪拝する。 『真理とは虚偽との尺度である』 とキルケゴールは言ったが、 人間も誰しも、自己欺瞞を抱えて生きている。 …

RETURN TOP

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

課題図書

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ