人間が自分自身であることについて(あなたは何を求めて生きているか?)

マズローの欲求5段階についての基本的な説明

聴きとりづらい場合は、音声バージョンがあります。音声バージョンはこちら。

 

マズローの欲求5段階説

人間の基本的欲求を低次から述べると、以下の通りである。

①生理的欲求 (食事・睡眠・排泄など、生きていく上に必要な本能的で自然な欲求)

②安全の欲求  (住居など、敵に襲われない、暴力を受けないための欲求
日本国憲法でいうところの基本的人権の生存権健康で文化的な最低限の生活)

③社会欲求と愛の欲求 (群れに所属したいという欲求、愛されたいという欲求)

④承認(尊重)の欲求    (名誉、地位、出世への欲求。

みんなから尊重されたいという欲求)

以上の①~④が、『欠乏欲求』です。「~が足りない」という欠乏感から生まれます。

 

⑤自己実現欲求  (自分の限界を越えて、自分の能力を最大化したいと思う欲求)

自己実現欲求は「自分は、~でありたい」という欲求。

あるいは、「自分とは『何者』であるかというのを、自分で決めたい」という、欲求です。

⑤は、存在欲求ともいいます。

 

人間の欲求について(自己実現欲求と自己超越)

聴きとりづらい場合は、音声バージョンがあります。音声バージョンはこちら。

 

人は、

過去 → 現在 → 将来(未来)という「時間軸」

そして、社会(職場や家族、親戚、友人との人間関係)という「空間内の関係性(環境)」に

縛られて生きています。
マズローの欲求5段階の欠乏欲求の4つ

たとえば、「お金がほしい」「愛されたい」「出世したい」etc.

いろいろな欲求は、

「時間軸」と「社会(空間内の関係性)」で満たされていきます。

しかし、5段階目の『自己実現欲求』=「『~でありたい』という欲求」は、

「時間軸」や「社会」を超えて、

存在として「こうありたい」

という具合に

今この瞬間に満たされていくことのある欲求です。

これは、『自己の能力の最大化』です。

 

他人と比べてどうという話ではなく、自分自身が自分の持っている能力を

最大限に発揮することです。

 

たとえば、5歳児が、補助輪なしで自転車に乗れるようになる。

 

これも『自己の能力の最大化」です。

 

そして、

自己実現欲求の「自分の能力の最大化」というのは

瞬間的に達成されます。

 

瞬間的に達成されるとはどういうことか?

 

それは、

深く、集中して、自分が自分でなくなるような感覚を味わうことです。

 

はじめて、自転車に乗れたときに皆さん感じた

集中力のことです。

 

「フロー体験」あるいは、「ゾーンに入る」なんていい方もされます。

 

「フロー」や「ゾーン」というのは、

まさしく「自分の能力の最大化」です。

 

いま、ここで、この瞬間に、自分の限界を越えて、

人間として「こうありたい」という欲求を満たしていくこと。

 

これが「自己実現欲求」です。

 

その欲求は、時間軸や、社会や、人間関係を越えているものです。

 

なぜなら、瞬間的にしか得られないものだかたです。

 

そしてそれは、人と分かち合うものではないので、孤独な欲求です。

 

誰かが、自分のかわりに自転車に乗れてもうれしくないですよね。

 

自分の能力の最大化は、誰とも共有できない、孤独な経験です。

 

だから、逆に言えば、孤独に耐えられない人は、

自己実現欲求を満たそうという

動機が生まれないのです。

 

孤独が怖い人は、『フロー体験』や、『ゾーンに入る』という

至高体験に至ることは難しいでしょう。

(ちなみに私は、読書しているときや、文章を書いているときに

ゾーンに入ることがあります。

だれでも、何らかの方法で、フローを感じることがあります。

家事でも育児でも座禅でも感じられます。)

 

孤独を味わえないことには、時間軸や社会、人間関係などが強いてくる

しがらみを越えて、自分の能力を最大化することはできません。

 

そして、このフロー体験の瞬間のみ、

人間は現実社会のあらゆるしがらみから自由になれるのです。

 

あらゆる支配から、抜け出して、自分自身になります。

 

それが自己実現です。

 

そして、さらに

その自己の能力の最大化の果てにある認識が、「自己超越」です。

マズローは、欲求5段階の更に上に、「自己超越」の段階を置きました。

 

 

宗教家や、偉大な実業家では、自己実現を越えて

自己超越の段階に至る方もいるそうです。

 

 

一般に「悟りの境地」といわれますが、「自己超越」の段階というのは

そこまでのものではなく「この世に自分がいる意味がわかっていることです」

 

 

代表的な、自己超越者として、モーゼやイエス・キリスト、釈迦があげられますが、

実は、一般の人でも自己超越しているケースもあるそうです。

 

 

まったく普通に生活しているそうです。

どんな人が、自己超越者に当たるか、みなさんも考えてみてください。

 

マズローがあげている自己超越者の特長は以下のとおりです。

1.「在ること」(Being)の世界について、よく知っている

2.「在ること」(Being)のレベルにおいて生きている

3.統合された意識を持つ

4.落ち着いていて、瞑想的な認知をする

5.深い洞察を得た経験が、今までにある

6.他者の不幸に罪悪感を抱く

7.創造的である

8.謙虚である

9.聡明である

10.多視点的な思考ができる

11.外見は普通である(very normal on the outside)

 

皆さんの周りに、これに当てはまる方いますか?

私が最近見つけた自己超越者のはなしはこちらです。

 

自己実現と依存

聴きとりづらい場合は、音声バージョンがあります。音声バージョンはこちら。

 

自分の能力を最大化したいという「自己実現欲求」の

対になるものはなにか?

 

対局にあるものは何でしょう?

 

 

それは「依存」です。

 

 

自分の能力を発揮できないこと

あるいは欠乏欲求が満たせないこと(愛されない。お金がない。出世できない)

そういった「満たせない体験」への挫折や、妥協、

あるいは、劣等感(コンプレックス)が

様々な「依存」を引き起こします。

 

それは、人によって違いますが、

クスリ、お酒、ゲーム、ギャンブルなどを

健康を害したり、借金したりするほどのめりこむのは

「依存」といえます。

 

暴力をふってくる夫や彼氏に精神的に依存するというのがDVの原因であり、

関係の合った女性にいつまでもつきまとうのが、ストーカー行為の原因です。

それらも、精神的な依存が引き起こす症状です。

 

自己実現に向かう人と、依存に向かう人を分けているのは、

自分という存在を大切にする思いが、自分にどのくらいあるかです。

つまり自分自身を愛して、自分の可能性を信じ続けられるか。

この能力を、『自己重要感』と呼びます。

 

依存症の根本的な原因は、自己重要感の低さです。

将来・現在・過去というどの時間軸にも、自分を愛せるところがなく

社会関係(家族・職場・友人関係)に絶望すると、

人は、自己重要感が低くなって、悩み苦しみます。劣等感も感じます。

 

その悩み、苦しみ、劣等感から、手っ取り早く解放されるために、

何かに依存しなければ生きていけなくなります。

 

正確には、悩み、苦しみ、劣等感、を忘れるというより、

愛すこと、認めることのできない自分という存在を忘れるために、

何かに依存するのです。

 

依存している間は、この世のあらゆる苦しみ、悩み、劣等感の原因である

自分がこの世からいなくなっているので(仮死状態 死んだふり)

精神的に落ち着くのです。

 

しかし、この世に戻ってきた時には、苦しみや悩みや、劣等感は

ますます激しく、自分を責め立てます。

 

依存体質の人間が、孤独を感じるとき、この世は生き地獄になります。

 

自己実現と依存 Part2

自己実現欲求と依存症がどういう関係にあるか?

詳しく解説しました。

依存には、固定観念が深く関わっています。

① マスコミ情報への固定観念

② 妥協・挫折体験からの固定観念

③ 親に植え付けられた固定観念

これらの固定観念が、

自己重要感を奪う働きをします。

自己重要感が下がると、目の前の現実に振り回されます。

 

 

そして、

自分自身の存在からくるの不安、苦しみ、悲しみ、悩み、劣等感を

忘却の彼方に押しやるために、

ギャンブル、アルコールなどに依存するようになります。

これは、強烈な刺激の中で、現実の自分を忘れたいという欲求です。

音声バージョンはこちら

資本主義とギャンブル依存症について その1

資本主義とギャンブル依存症について その2

感想があればこちらからお願いします。

RETURN TOP

信州読書会について

長野市で読書会を行っています。ツイキャスを使った読書会も毎週開催中!

今サイトでは、読書会で扱った作品に関しての
情報をシェアしていく予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

amazon

Twitter でフォロー

信州読書会FBページ

読書と読書会に関するエトセトラ